おうち英語ノウハウ

子供の英語はインプットが基本!効果的な方法を年齢別に紹介

おうち英語ママ
子どもの英語習得にはインプットが大事だっていうよね
おうち英語ママ
自宅で簡単にインプットする方法ってあるのかな?

英語習得の基本中の基本である、インプット。

子どもの英語教育のため自宅で英語に触れる際、まずはインプットから取り組むご家庭もあるでしょう。

インプットといえば、英語の動画やアニメを見たり、車内で英語BGMを流したり…

潜在的に耳に英語を入れる取り組みをイメージするかと思いますが、実はそれだけではないんですよ。

さらに、年齢によっても効果的なインプット方法は違ってきます。

「将来、子どもをバイリンガルにしたい」と思っている親御さん必見!

幼児期からできるインプット方法についてご紹介していきます。

この記事でわかること

  • 子どもの英語インプットの正しい方法
  • インプットで得られる効果
  • インプットとアウトプットの関係性について
  • 家庭でできるインプット&アウトプット方法

本ページにはプロモーションが含まれています



子供の英語インプットとアウトプットとは

子どもが英語を習得するには、インプットとアウトプットの2つがとっても重要。

もちろん、おうち英語の基本にもなっています。

インプットの方法

  • 絵本読み聞かせ
  • Youtube視聴
  • かけ流し
  • 英語のBGM

アウトプットの方法

  • 家族で英語を使う
  • オンライン英会話
  • スピーキングゲームのあるアプリ

このように、インプットとアウトプットを織り交ぜることで、自然と英語を話せるようになっていきます。

ペグ
英語を毎日聞けば自然と聞き取れるようになり、毎日使っていれば自然と使えるようになっていくのです

では、その「インプット」と「アウトプット」について詳しく説明していきますね。

こちらもどうぞ
子供の英語いつから始める?年齢別の始め方や注意点も

2020年に小学校3年生からの英語が必修化され、ますます英語教育が注目されるようになりました。 子供の英語は、いつから始めればよいのでしょうか? 英語は子どもが大きくなるにつれて、始めるハードルが高くなってしまいますよね。 ...

続きを見る

 

【インプット】英語習得の基本!

インプットとアウトプット、どちらも同じくらい大切な要素なのですが、アウトプットよりも先に行うべきなのがこのインプット

子どもの英語でも大人の英語でも、基本中の基本です。

ペグ
子どもの英語、何から始めよう?と迷ったときにも、まずインプットから始めるようわたしもオススメしています

インプットとは?

  • リスニング(聞き取り)
  • リーディング(読み取り)

家庭でできるインプットは、耳から聞くリスニングと目で見るリーディングの2つがメイン。

なので、Youtubeを見たり英語絵本を読んだりすることはインプットに当たります。

おうち英語ママ
わたしたちが中高でしてきた英語学習に似てるね
ペグ
その通り!インプットは"受動的"な取り組みで、日本の英語教育に通ずるものがあるよ

インプットで学べること

  • 英語のイントネーション
  • リンキングやリエゾン(単語と単語がつながる音)
  • 英語のリズム

インプットは基本中の基本ですが、インプットだけを延々と繰り返していても会話ができるようにはなりません。

英語を話す上での土台はできますが、実際に話せるようになるには、インプットした知識をアウトプットする必要があるからです。

こちらもどうぞ
【おうち英語の始め方】今すぐできる方法やおすすめ教材を紹介

おうち英語に興味はあるけど、始め方がわからない 英語が苦手だけど、子どもにおうち英語できるかな? 子どもの将来のためにおうち英語をしてあげたいけど、始め方がわからない!と悩んでいませんか? ...

続きを見る

 

【アウトプット】バイリンガルの第一歩!

一方でアウトプットは、膨大なインプットを経て身につくスキルのことを言います。

インプットなしで、アウトプットは身につきません

簡単なアウトプットであれば数週間~数ヶ月のインプットで身につき、難易度の高いアウトプット(長い文章で話すなど)は、数年レベルのインプットを経て習得していきます。

アウトプットとは?

  • スピーキング(話す)
  • ライティング(書く)
  • 適切な反応
おうち英語ママ
アウトプットって"英語を話すようになること"だと思ってた!

そう、実はアウトプットとは、子どもが英語を聞いて反応するすべての行動を指すのです。

たとえば親御さんが「Let's go!」と言うとこっちに来てくれたり「Clap!」と言うと手を叩いたりすることも、英語に対する"適切な反応"ですよね。

おうち英語ママ
それだけで「アウトプットできてる」って言うんだ!そしたらうちの子も毎日アウトプットできてるってことかも
ペグ
英語をペラペラ話すことだけがアウトプットじゃないので、親御さんが思っている以上に子どもはアウトプットできてることが多いんですよ

日本で生まれた赤ちゃんは、お腹にいる頃からたくさんの日本語を聞いて育ち、早くても1歳半~2歳くらいで喃語を話し始めますよね。

3~4歳ではペラペラになってしまう母国語でさえも、初めて話し始めるまでには2年近くかかるんです。

そう考えると、第2言語である英語はそれ以上にインプットの時間を割かなければ、アウトプットできるようにはならないんですね。

アウトプットを促す教材として有名なのが、ディズニー英語システム

CD、DVD、おもちゃで膨大なインプットが叶い、会員サービスとしてネイティブの先生とふれあえるイベントにも参加できるので、まさに海外にいるような生活が体験できますよ。

ディズニー英語システムはサンプルも豪華なので、おうち英語を充実させたい人はぜひ♪

サンプルはこちらから

ディズニー英語システム

ディズニー英語システムについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ゆうこりんの子供も英語ペラペラに!ディズニー英語のスゴさ

「ゆうこりん」ことタレント・小倉優子さんは現在、3人の男の子を育てるパワフルなママですよね。 英語教育に昔から関心があったという小倉さんは、子供が2歳のときに【ディズニー英語】を始めたのだそう。 おうち英語勢の誰もが気になるであろう【ディズニー英語】ことDisney ...

続きを見る



子供の英語インプット量は年齢で変わる

何をどれくらいインプットするか、またアウトプットを始めるかどうかは、年齢によって変わってきます。

極端な話、0歳児にそこまでのアウトプットを求めなくても大丈夫ですが、英語が聞き取れるようになるにつれて、インプットの割合を調整してアウトプットを増やしていく必要があるからです。

これからおうち英語を始めようと思っている親御さん必見です!

 

0~3歳:とにかくインプット!

0~3歳でできるインプット

  • 英語の歌をかけ流し
  • 英語絵本読み聞かせ

0~3歳でできるアウトプット

  • 英語の歌を一緒に歌う
  • Clap!など簡単な語りかけで反応を見る

この年齢でアウトプットはあまり気にせず、とにかくインプットに集中!

たくさん英語のシャワーを浴びせましょう。

1日に2時間くらいを目安にインプットを続けると良いとされていますが、たとえば英語絵本の読み聞かせとなると、1日2時間もできませんよね。

それを埋めるために、Youtubeでかけ流しをしたり、英語DVDを見るなどのインプットコンテンツを大いに活用しましょう。

子どもが集中して聞いていなくても大丈夫!

BGMのようになっても良いので、日常生活の中で常に英語が耳に入るよう心がけてみてくださいね。

関連記事
英語かけ流しでバイリンガルを目指そう!やり方や効果も解説

子どもの英語教育を始めるとき、最初に取り入れやすいのが英語のかけ流し。 英語をBGMのようにかけ流して、自然と英語が耳に入る環境を作ることを目的としています。 英語力の基礎であるリスニング力を鍛えることができるので、乳幼児から始めておきたい英語教育の一環なんです。 ...

続きを見る

英語習得の臨界期といわれる9歳前後までは、英語耳・英語脳を作る最強のチャンス。

とにかく英語を聞かせ続けて、リスニング力の土台を作るとともに、アウトプットまでのインプット量を積んでおきましょう!

日本人が英語習得に必要なインプット時間は2000時間といわれています。

しかし、日本の英語教育(小学校~高校)のトータル時間は1000時間にも満たないのだそう。

この年齢からインプットを始めておけば、2000時間に到達するのもあっという間なんですよ!

英語絵本の読み聞かせもとっても大事です。

しかし、中には「発音に自信がない」という親御さんもいることでしょう。

便利な時代になりましたから、親御さんが読み聞かせをしなくても大丈夫!

こちらの記事で、おすすめの絵本のほかに読み聞かせYoutubeなどのツールもご紹介していますので、活用してみてくださいね。

子供向け英語絵本まとめ!英語苦手パパママにおすすめツールも

英語教育を考えているご家庭では、子供に英語の絵本を読み聞かせてあげませんか? 乳幼児期から英語の絵本に触れている子どもは、英語耳・英語脳が育ちやすく、その後の英語力アップにもつながります。 しかし「英語の読み聞かせはハードルが高すぎる!」と思う人もいるでしょう。 ...

続きを見る

 

4~6歳:少しずつアウトプット開始

4~6歳でできるインプット

  • 英語の歌をかけ流し
  • 英語のYoutubeアニメを視聴
  • フォニックスをスタート
  • 英語絵本読み聞かせ
  • 英語アプリで遊ぶ

4~6歳でできるアウトプット

  • 英語の歌を一緒に歌う
  • 英語アニメのセリフをマネっこ
  • Which one? This one! など簡単な会話
  • アルファベットをつなげて単語作り

4歳くらいからは、少しずつアウトプットも意識した取り組みを始めてみましょう。

特におすすめなのが、英語アニメデビュー!

英語の歌でも良いですが、どうしても"リアルな英会話"が不足していますよね。

そこで歌でまだまだ興味を引きつつ、子ども向けの英語アニメを少しずつ取り入れていくと、のちのちのアウトプットにつながりやすくなりますよ。

こちらの記事で、子どもがハマる英語アニメをまとめてご紹介しています。

子供がハマる英語アニメまとめ!おうち英語成功の第一歩に

おうち英語始めたママ おうち英語をするなら、英語のアニメから見せてみようかな と、幸先よいおうち英語スタートを切った親御さん必見! ...

続きを見る

英語アニメのメリット

ハマる作品に出会えれば、セリフをマネしたり、そのアニメに見立てたごっこ遊びをしてくれたり…自然とアウトプットができるように!

わが家からおすすめするのが『うっかりペネロペ』の英語DVD。

低年齢でも飽きない、そして動画の見せすぎ防止にもなる1話5分程度のエピソードが、たっぷり13話!

ペネロペDVDのポイントは、アウトプットを引き出せるミニクイズがついているところ。

アニメのあと、そのエピソードに出てきた単語をおさらいできるミニクイズコーナーがあって、ペネロペと一緒にアウトプットができるようになっています。

ペグ
アウトプットも促してくれるアニメDVDってあまりないので、とっても重宝しました!

バイリンガルを目指すご家庭で英語DVDをお探しながら、ぜひおすすめしたい商品です。

\ 公式サイトが最安!/



また、このぐらいからフォニックスのインプットを意識してみるのも良いかもしれません。

フォニックスとは?

  • ABCを「エービーシー」ではなく「アッブックッ」と読む学習方法
  • ネイティブも幼児期~小学校低学年でフォニックスを学ぶ
  • 日本語で言うと「ひらがな」のようなもの
  • 英単語を読めるようになるための基礎学習
おうち英語ママ
「フォニックス」なんて小難しそうなお勉強はいいや…と思ったら「ひらがな」的な位置づけなの!?超基本じゃん!
ペグ
そうなんです!残念ながら日本ではフォニックスを習わないのだけど、実はdogやcarなど基本的な単語を読めるようにするための超基本学習なんです

フォニックスを学ぶと…

  • 英単語の約70%を読めるようになる
  • 初めて見る単語でも勘で読めるようになる
  • 絵本などの文章も読めるようになる
  • 音を聞いて単語を書き取ることができる

フォニックスもしっかり学ばせてあげたい!という親御さんにオススメの英語教材が、ミライコイングリッシュ

DVDを見るだけという手軽さにもかかわらず、自宅で教えるには難しいといわれるフォニックスまで徹底的に網羅しています。

おうち英語ママ
DVDを見るだけでフォニックスが学べるのは嬉しい!

手軽に活用できるミライコイングリッシュは、サンプル映像を請求することができます。

気になったら、サンプル映像を子どもと一緒に見て、子どもの食いつきを見てみましょう!

サンプルはこちら/

 

また、4歳くらいになるとタブレットやゲームをしている子もいるかもしれませんね。

英語アプリを活用して、ゲームで楽しくインプットをする方法も、子どもの興味を引くにはうってつけですよ。

おうち英語ガチ勢ママが厳選!子供向け英語アプリまとめ

子どもの英語教育をするのに、英語Youtubeや英語絵本を取り入れているご家庭もありますよね。 では、遊びながら英語が学べるアプリは取り入れていますか? 最近では、英語初心者キッズでも気軽に遊べるものや、親の手助けがいらないゲームなど、アプリの内容も充実してきています。 ...

続きを見る

 

4歳くらいからできるアウトプットとしては、以下のような行動を目安にしてみましょう。

  • Stand up!と言ったら立つ
  • Which one?と聞いたら選ぶ
  • アルファベットのおもちゃを並べて単語を作る

このように、こちらの問いかけに対して適切な行動がとれるようになったら、最初のアウトプットは成功といえます。

まだまだ英語を話せるようにならなくて大丈夫!

まずは身体が英語に反応するかどうかを見てみましょう。

適切な行動のアウトプットができてくると、自然と口からのアウトプットにつながっていきますよ!

親の言葉やアニメのセリフを真似したがる年齢ということで、簡単な英会話を始めてみるのも大きなチャンス!

英語が苦手な親御さんでも、全く話せない親御さんでも、中学校で習うような単語を並べるだけでネイティブの家庭のような英会話ができてしまうんですよ。

こちらで使えるフレーズをまとめていますので、ぜひ親子で英会話の習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

【初心者向け】子供に英語で声かけしてみよう!簡単フレーズ集

小学校3年生から英語の授業が始まり、どんどん英語が身近で必要な存在になってきています。 自宅で気軽にできる英語教育として、子供に英語で声かけをするという方法があります。 わが家のおうち英語でもいろいろな方法を試す中で、英語の声かけに大きな効果を感じました。 ...

続きを見る

子供が英語で会話できるようになるためすべきこととは

小学生ママ 子供には英語で会話ができるようになってほしい 小学生パパ ...

続きを見る



7~10歳:イン&アウトを半々ずつ

7~10歳でできるインプット

  • 英語絵本を一緒に読む
  • 英語のYoutubeアニメを視聴

7~10歳でできるアウトプット

  • 親子で簡単な英会話
  • オンライン英会話

このくらいの年齢からアウトプットの比率が増え、インプットとアウトプットを半分くらいの割合にしていきます。

幼児期からインプットとアウトプットを続けてきていれば、すでに簡単な英会話ができるようになっているかもしれませんね。

毎日英語に触れている子どもは、まだペラペラ話せなくとも英語に対する抵抗感はほぼないでしょう。

抵抗感を持っていないというのは、バイリンガルになるにあたって最大の強みです。

おおいに利用して、親子での簡単な英会話やオンライン英会話など、ステップアップを試みてみましょう。

 

インプットに関しては、少し英語動画のレベルを上げてみると良いかもしれません。

今までは幼児向けの歌やアニメだったものを、少し英語スピードの速いものにしたり、物語の内容がお兄さんお姉さん向けの作品にしてみることで、着実にリスニング力が上がっていきますよ。

おすすめ英語動画を、レベル別にまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子供向け英語Youtubeチャンネルまとめ|おうちで気軽に英語教育

おうちで気軽に始められる子供の英語教育といえば、Youtubeを見ること。 でも、どんなYoutubeが良いんだろう? 検索しても、ありすぎて選べない! ...

続きを見る

なお、英語動画を見る際は字幕をオフにすることをおすすめします。

字幕があると「英語を読むこと」につながり、のちのちメリットはあるのですが、今はまだリスニング力を強化したい段階。

字幕に気をとられてしまうことで、肝心のリスニング力が育たない可能性もあるんです。

10歳まではリスニングをメインにインプットするのが良しとされているので、字幕はもう少し後にしましょう!

10歳までの英語学習法と、10歳以降の英語学習法の違いに関しては、こちらの記事でお話しています。

子供に英語は必要?小学校英語も安心!効率的な学び方

子どもに英語教育は必要なのか? 幼い子どもを持つ親御さんなら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 これから、どんどん英語が必要になっていく時代。 ...

続きを見る

 

そして、これまで読み聞かせていた英語絵本を一緒に音読してみるのも良いですね。

少しずつ読み書きにレベルアップしていくために、絵本を読むことにも慣れておきましょう。

フォニックスの知識を生かして文字を見て発音してみるという訓練を繰り返しましょう。

なので、黙読ではなく音読だとなお良し。

また、7~10歳というと、国語の教科書では長く難しい物語を読むかもしれませんが、英語の場合は年齢相応のレベルでなくてOKです。

幼児向けの絵本でも良いので、とにかく英語を読むことに慣れるのを目的にしましょう!

ペグ
ネイティブと同レベルの本を読めるようにしなくてもOK。日本はEFL国(英語を日常的に使わない国)なので、ネイティブレベルを求めてしまうと難易度が上がり、英語嫌いになることも…
関連記事
子供向けおすすめオンライン英会話!おうち英語ガチ勢ママが厳選

小学校3年生から英語が始まり、コミュニケーションをメインに英語を学ぶ時代になりました。 将来英語でコミュニケーションがとれるようになるため、小学校英語で遅れを取らないため、幼児期のうちから英語を習わせたい!と思いませんか? そんなときおすすめなのが、子供向けのオンライン英会話。 ...

続きを見る

 

 

11歳~:アウトプット中心に

11歳からできるインプット

  • 英語の本を読んでみる
  • 英語の番組や映画を観る

11歳からできるアウトプット

  • オンライン英会話
  • 親子で簡単な英会話
  • 英語で日記を書く

11歳からは、インプットも継続しながら、それ以上にアウトプットの機会を増やしていきましょう。

インプットは、英語絵本から英語の本にレベルアップしてみたり、アニメだったのを洋画や海外ドラマにしてみるのも良いですね!

ある程度アウトプットができるようになっているならば、オンライン英会話も始めやすい年齢かもしれません。

子供向けおすすめオンライン英会話!おうち英語ガチ勢ママが厳選

小学校3年生から英語が始まり、コミュニケーションをメインに英語を学ぶ時代になりました。 将来英語でコミュニケーションがとれるようになるため、小学校英語で遅れを取らないため、幼児期のうちから英語を習わせたい!と思いませんか? そんなときおすすめなのが、子供向けのオンライン英会話。 ...

続きを見る

ペグ
テキストに沿って学ぶカリキュラムもあるけど、フリートークで好きなことを先生とおしゃべりするのも楽しいよ!お子さんの性格に合わせて、続けやすいレッスン形態を選ぼう

オンライン英会話のほかにも、トライしやすい英語の習いごとがたくさんあります。

子供の英語習い事ランキング!選び方や家でのフォロー方法も

小学3年生で英語の授業がスタートしましたね。 子どもに英語を習わせたいけど、何を選んだらいいの~!? と悩む親御さん向けに、子どもの英語の習いごとをランキング形式でお伝えしていきます。 ...

続きを見る

子供の英語教材はコスパで選ぶ!安くて効果的な方法

子どもの英語教育はお金がかかる! そう思われがちな英語教育ですが、実はコスパで選ぶほうが効果が高いといわれています。 いくらお金をかけても、英語を話せるようにならない人はごまんといます。 ...

続きを見る

【バイリンガルキッズ母厳選】子供の英語におすすめサービス

これからの時代、子どもには使える英語力を身につけてあげたいですよね。 最近では、自宅で気軽に英語に触れられるサービスやコンテンツも増えています。 幼児英語教材にCDやDVD、英語絵本、Youtubeチャンネルなど選び放題! ...

続きを見る

 

11歳というと、小学校英語が始まってしばらく経っていて、ちょうど読み書きが本格的に始まってくると思います。

それに合わせて、自宅でも英語で日記をつける習慣をつけてみると、読み書きスキルがグググッと上がりますよ。

ノートに1ページびっしり書かなくてもOK!

3行日記など、毎日取り組みやすいボリュームで続けてみてくださいね。

むすこ氏
うちではお母さんと妹と3人で、英語の交換日記をしているよ!

小学校3年生から始まる英語は「外国語活動」といって、成績もつかないしテストもない、慣らし程度の取り組み。

しかし、小学校5年生になると正式な教科となるので、一気に英語嫌いが増えるといわれているんです。

ペグ
ここで英語嫌いにさせないよう、幼児期から家庭でインプット・アウトプットの機会を作っておくことが大事です!
関連記事
子供の英語は毎日続けよう!親子で楽しめる5つの方法

おうち英語ママ子供の英語、毎日続ける時間がない! おうち英語ママ毎日続けるのが苦痛で、途中でやめちゃった… 子供の英語、毎日続けるのは難しいですよね。 ...

続きを見る



子供の英語インプットはスタート年齢でも変わる

何をどれくらいインプットするのかは、英語学習を始める年齢によっても違ってきます。

おうち英語ママ
えっ、インプット=かけ流しが定番だと思ってた!

かけ流しなどのインプットで効果を感じられるのは、10歳くらいまでといわれています。

幼児の英語学習は、英語のかけ流しやアニメ視聴が効果てきめんですが、10歳を過ぎると全く違うアプローチが必要になるんです。

2020年から小学校英語が始まったので、ほぼすべての子どもが10歳までに英語を始めることになると思います。

しかし小3~4は週に1コマのみで、十分な英語力が身につくことは期待できません。

あくまで英語に慣れることができる程度だと思っておいたほうが良いでしょう。

 

ここからは、10歳までに始めるインプット方法と、10歳を過ぎて始めるインプット方法について解説していきます。

 

10歳までに始めるなら「音」のインプット

10歳までの子どもは「条件学習能力」というものを持っています。

簡単に言うと、以下のようなものです。

  • 英語を聞いたまま発音できる
  • 理屈や概念ではなく感覚で学べる

まさに脳が柔軟な子どもならではの能力で、残念ながらわたしたち大人にはもう備わっていないものです。

10歳までの子どもが英語を始める場合「音」から入るインプットが最適です。

「音」から入るインプット

  • かけ流し
  • 英語YoutubeやDVD視聴
  • 英語絵本読み聞かせ
  • 語りかけ

2020年から導入された小学校英語は、小学校3年生(9歳)でのスタートなので、まだ音から入れる年齢なんですね。

3~4年生で、音から入ってコミュニケーションを中心に学ぶカリキュラムで英語教育を行い、5~6年生で読み書きにステップアップしていきます。

条件学習能力が備わっている年齢は「臨界期」とも呼ばれ、この期間に英語を始めておくことで、ネイティブのような英語力に近づく確率がグッと上がります。

英語を聞いたまま発音でき、文法や語順など難しいことを考えずに感覚で英語が話せるようになるので、ネイティブの英語を聞いていればそれをそっくりそのままコピーできるわけです。

逆を言うと、10歳までの子どもに「これは主語でこれは動詞で…」という文法知識を教え込もうとしても、それは脳の機能としてまだ理解ができません。

いくら熱弁しても子どもは「???」ですし、英語がどんどん難しく感じられて、嫌いになる要因にもなるので、NGなんです!

10歳までの子どもは、とにかく膨大な量のインプット。

文法などのルールはこれから覚えていけば良いので、語順や文法が多少間違っていても指摘せず、純粋に英語や英会話を楽しむ感覚で大丈夫ですよ。

 

10歳以降で始めるなら「文法」のインプット

10歳を過ぎてくると「条件学習能力」は衰えてきてしまいます。

それと引き換えに著しい成長を見せるのが「概念学習能力」という新たなスキル。

これは、年齢とともにどんどん伸びていく能力で、10歳ごろから芽生え始め、大人になればなるほど発達を遂げていくものなんです。

条件学習能力は、以下のような特徴を持ちます。

  • 仕組みや理由を理解する力
  • 概念や理屈でとらえて学習しようとする能力

文法や語彙、文章の組み立て方などを論理的に理解できるようになります。

おうち英語ママ
10歳を過ぎると、むしろ文法や読み書きによって英語力が伸びやすくなるんだね

小学校英語でも、5年生(11歳)になると読み書きが本格化していきます。

まずコミュニケーション英語から入って、概念学習能力が芽生える年齢で読み書きにレベルアップするという流れなんです。

これまでは概念学習を教えてこなかったために、文法ミスなどが目立っていたかもしれません。

ここから少しずつ文法や文章の組み立て方を論理的に学び、英語の法則やルールなど、今まで間違えていた部分にたくさん気が付いていくことができますよ。



日本人は英語習得に2000時間必要

日本語と英語は、もっともかけ離れた正反対の言語といわれています。

発音も語順も文法も、発語するときに使う口の筋肉さえも、その全てが違う言語同士なんです。

それゆえ、日本人が英語をマスターするのに必要な時間は2000時間ともいわれているんですよ。

おうち英語ママ
2000時間といわれてもピンと来ないけど…
ペグ
実は、わたしたちが小・中・高で習ってきた英語の授業をトータルしても、1000時間にも満たないんです

なんと、あんなにみっちりさせられた英語の勉強でさえも、必要な時間の半分にも到達していなかったんです。

おうち英語ママ
あんなに暗記やテスト、よくわからないリスニングまでさせられたのを、倍以上やらなきゃいけなかったなんて…そりゃみんな英語諦めるわけだわ

さらに言えば、わたしたちがやってきたような"ほぼ受け身の英語学習"を倍以上続けていたとしても、英語が話せるようにはならなかったでしょう。

日本の英語教育の根本がほぼほぼインプットだからです。

繰り返しになりますが、インプットだけをしていても英語が話せるようにはなりません。

インプットした知識をアウトプットする機会がなければ、口や脳が英語に慣れることができず、いつまで経っても英語を使えるようにはならないのです。


この2000時間という膨大な時間を埋めるにも、幼児期からインプットを続けて、とにかく英語に触れる時間を多く確保することが大切。

もちろん、英語に多く触れたからといってペラペラになれるという保証はありませんが、とにもかくにも英語にたくさん触れ続けなければ、何も始まらないからです。

おうち英語ママ
英語に触れずに英語をマスターすることはできないしね…

小・中・高でみっちり学んできたはずの英語でさえ1000時間にも到達していないほど、圧倒的に不足している日本人の英語量。

幼児期に始めておくことで、どれだけそのトータル時間に早く近づけるかが分かりますね!

関連記事
おうち英語のメリットは無限!子供は家で英語を学べる

家庭で気軽に英語に触れられるおうち英語。 おうち英語には、メリットが多いことをご存知でしょうか? お金がなくても始められるおうち英語は、乳幼児のうちから英語に慣れ親しみ、土台を作るのに絶大な効果を発揮します。 ...

続きを見る



まとめ:子どもの英語インプットは年齢に応じて適切な割合で

インプットというと、どうしてもYoutubeをつけっぱなしにしておけば良いのでは!?と思われがちなのですが、実は年齢やレベルによって適切なインプット方法は違ってくるんです。

インプットというのは、英語をマスターするにあたって必ず通る道。

インプットでしっかりと土台を作っておくことで、数年後確実にアウトプットを引き出すことができます。

それも、幼児のうちが最も高い効果を発揮しますから、適切なタイミングでスタートしたいですよね!

インプット、そしてそれに伴うアウトプットも意識しながら、子どもが苦労することなく英語を習得できる環境を整えてあげましょう。


ブログランキングに参加しています!
クリックしていただけると、とっても励みになります✨

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
育児・バイリンガルランキング
  • この記事を書いた人

ペグ

2人のバイリンガルキッズを育てている、Webライター兼ブロガーです。 英語好きが高じて、自宅をインターナショナルスクールみたいにしちゃおう!というぶっ飛んだ【おうち英語】を始めました。英語が苦手なパパママでも気軽にトライできる、そんなおうち英語情報のリサーチと研究が趣味。気軽にコメント、メッセージいただけると喜びます~♥

-おうち英語ノウハウ
-, , ,