おうち英語ノウハウ おすすめ教材

子供向け英語絵本まとめ!英語苦手パパママにおすすめツールも

英語教育を考えているご家庭では、子供に英語の絵本を読み聞かせてあげませんか?

乳幼児期から英語の絵本に触れている子どもは、英語耳・英語脳が育ちやすく、その後の英語力アップにもつながります。

しかし「英語の読み聞かせはハードルが高すぎる!」と思う人もいるでしょう。

この記事では、英語が苦手な親御さんも一緒に楽しめて、子どもの英語力を育む絵本をご紹介していきます。

ペグ
親御さんが読まなくても、読み聞かせツールを使うという方法も!

英語絵本の読み聞かせに興味がある人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

※本ページはプロモーションが含まれています



【年齢別】子供向けおすすめ英語絵本

それではさっそく、子ども向け英語絵本を年齢別にご紹介していきましょう。

英語が苦手でも、子どもと一緒に仕掛けを一緒に楽しめる絵本も多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【0~1歳】音や仕掛けを楽しもう

0歳の赤ちゃんにする読み聞かせは、音や仕掛けつきの絵本が大活躍!

まずは絵本という存在に興味を持ち、自ら触ろうとしたり楽しもうとしてくれたりする自発性を引き出してあげましょう!

0歳の赤ちゃん向けに、音や仕掛けのついた絵本をご紹介していきます。


Pat the Bunny



親御さんが読み聞かせるだけではなく、赤ちゃんも"参加"することができる絵本。

触る、めくる、のぞく、匂いを嗅ぐ…などなど、赤ちゃんの興味を引くアクティビティーが満載。

ファーストブックにも、プレゼントにもぴったりですよ!

大人の手のひらに収まるくらいのミニサイズなので、赤ちゃんが自分で手に取ることもできて、より興味をそそります。

ベビーピンクと淡いブルーの優しい色合いや、厚紙製で丈夫なところも、赤ちゃんを持つ親御さんとしては嬉しいポイントですね!


Excuse Me!



「こんなとき、なんて言う?」を学べる、マナーの絵本。

おうち英語ママ
0歳の赤ちゃんにマナーの絵本???

実はこの絵本、ページをめくるしかけがついています。

妹のおもちゃを壊しちゃった!

プレゼントをもらった!

さぁ、こんなときなんて言うかな?

赤ちゃんに「こう言おう!」のページをめくってもらって、

おもちゃを壊しちゃったら、I'm sorry.って言うんだね!

プレゼントをもらったら、Thank you.って言うんだね!

と語りかけてあげれば、赤ちゃんも積極的にページをめくろうとしてくれるでしょう。


Dear Zoo



30年もの長い期間愛されている、しかけ絵本の定番!

ペットがほしいと願う男の子が、動物園に動物を送ってくれるようお願いをします。

心優しい動物園からいろんな動物が送られてくるのですが、大きすぎたり狂暴だったり…

なかなか「飼いたい!」と思える動物に出会えません。

しかけは、送られてくる動物が入ったケージをめくるという楽しいもの。

ペグ
ケージに入っている動物の一部分だけ見えている状態なので、What's this? It's a lion!という語りかけとともに読むのも楽しいよ~!

Where's Spot?



Spotという名前のワンちゃんを探す、楽しいしかけ絵本。

ドアを開けたり、ピアノの中を覗いてみたり、めくるしかけを楽しみながら、Spotを探そう!

0歳の赤ちゃんでも、動物好きな子は多いですよね。

ワンちゃんを探すというシンプルなテーマで、自分でめくって探し当てられるワクワクなしかけ。

ペグ
子どももワクワク大興奮!わが家でも「これ読んで~」ってよく自分から持ってきてくれた1冊です

Yummy YUCKY



Yummy(おいしい)とYucky(まずい)の2つの単語を学べる、シンプルで分かりやすい絵本。

食べものがテーマになっているので赤ちゃんでも興味を示しやすく、理解しやすい内容です。

「〇〇はおいしいけど、△△はまずい」という2パターンを、身近にあるいろんなものを使って表現します。

部屋にあるおもちゃを手に取って「Is this yummy? or yucky?(これはおいしいかな?まずいかな?)」と聞いてみると、YummyかYuckyと答えてくれる日も近いかもしれません。

Yummyのときはほっぺに手を当てたり、Yuckyのときは顔をしかめたりと、ジェスチャーを交えてあげると、赤ちゃんもアウトプットできるように!


Good Night, Gorilla



動物園のおじさんが「Good night, 〇〇」と動物たちに言って巡回するお話。

使われている単語数も文章も少なく、2~3分で読み終わる長さなので、英語が苦手な親御さんでもトライしやすいですよ。

Good nightというあいさつが赤ちゃんの中にスッと入るように、夜寝る前の1冊にしてあげるのも良いですね!

ペグ
Good night.とヒソヒソ声で読んであげると夜の静けさが伝わるし、眠るモードにも入りやすいよね

Where Is Maisy?



MaisyはYoutubeチャンネルでも人気のイギリスアニメ。優しく穏やかな世界観で、子どもと一緒に楽しみたい作品です。

Where Is Maisy?も、フリップをめくるしかけのついた絵本で、赤ちゃんが自発的に楽しめるようになっています。

文章もシンプルで、中学英語が分かれば余裕で読み聞かせもできちゃいます!

「Is Maisy here?」などと語りかけながら読んであげることで、YesやNoなど簡単な回答ができるようになっていくでしょう。


Where Is Baby's Belly Button?



赤ちゃんの身体がテーマになったしかけ絵本。

実際に、パパママや赤ちゃんの顔や身体を見て、

Where are baby's eyes?(おめめはどこかな?)

Where is baby's belly button?(じゃあおへそは?)

と、確認しながら読むことでスキンシップにも!

ペグ
身体のパーツは、わが家のおうち英語でも序盤で活躍したボキャブラリーでした。お風呂でWhere is your belly button?と復習してみるなど、いろんな場面で取り入れられます

Ten Tiny Toes



こちらも同じく、身体のパーツに関する絵本。

シンプルな英語が使われているので、身体の動きと合わせれば赤ちゃんのアウトプットも促せます。

しかけはありませんが、Touch your toes.(足の指をさわってみよう)など楽しい動きがあるので、親子で実践しながら読めますね。


Baby Touch Playbook



本の中から、ツルツル、ざらざら、ふわふわ…いろんな感触が飛び出す!

赤ちゃんの五感をくすぐる、楽しい英語しかけ絵本です。

鏡のしかけ部分には「Who can you see?」(誰が見えるかな?)と書かれているなど、そのしかけによって、語りかけ英語を学ぶこともできます。

語りかけのフレーズがわからない…という人も、この本に書かれている英語を参考にすれば応用もできる!


Hello You!



黒を背景にカラフルなコントラストが目を引くこちらの本は、まだ絵がよく見えない月齢の赤ちゃんにもぴったり!

のぞき穴で向こう側のものが見えたり、鏡がついていたり、めくるしかけも満載。

赤ちゃんがハマること間違いなしの、ファーストブックにもおすすめの1冊です。


Peek-a-Moo!



赤ちゃんも大好きな「いないいないばぁ」も、英語で遊べばあっという間におうち英語タイムに!

いろんな動物が「いないいないばぁ」をしてくれるので、赤ちゃんに手のフリップをめくってもらいましょう。

Guess who?(誰かな?)などと語りかけながら読めば、子どもの英語アウトプットを促せる!


A is for Apple



1歳近くなってきた赤ちゃんに、はじめてのアルファベットを導入するならこの1冊!

まずは目で見て楽しめる、そして丈夫なボードブック。

アルファベットをなぞれるくぼみがついているので、指でなぞりながらゆる~く書き方の練習もできちゃいます。

アルファベットがテーマなので長く使えて、コスパも最強!

ペグ
うちの子たちも、アルファベットは赤ちゃんの頃から見聞きしていたので、教えなくてもすぐに読めるようになりました。やっぱり物心つく前から目にしているものには、抵抗感を抱きにくいよね

That's not my dinosaur



ページをめくるごとに違う恐竜が出てきて、それぞれの感触も楽しめる!

赤ちゃんが興味津々になるしかけ絵本です。

「rough(ザラザラした)」や「bumpy(デコボコした)」「soft(やわらかい)」などの形容詞も覚えることができます。

家の中にもいろんな感触のものがありますから、おもちゃや家具、日用品を持ってきて、同じ感触のものを探してみるのも楽しいですね!

カラフルな恐竜はパッと目を引きますし「Pink dinosaur」「Green dinosaur」など色の名前も一緒に覚えることができますよ。

おうち英語を進めるにあたって、応用もきく1冊です。


Don't Tickle the Hippo!



Tickleは「くすぐる」という意味で、ボタンを押すと音が出るしかけ絵本です。

すべてのページに違う動物が描かれていて、感触の違うしかけも楽しめます。

ペグ
No! Don't tickle the hippo!(キャー!カバくんをくすぐらないで~!)と言うと子どもはくすぐりたくなって、ついボタンを押しちゃう!そんな楽しい親子のコミュニケーションが生まれる1冊だよ

Where's Mr.Lion?



Where's 〇〇?というシンプルな英文とともに、動物たちを探していくしかけ絵本。

最後のページには鏡がついていて、動物たちがWhere are you?(キミはどこ?)と問いかけてくれるので、自分を見つけて大興奮!

動物たちが隠れているフリップの仕掛けは、優しい肌触りのフェルトでできているよ

 

【2~3歳】簡単な単語に触れてみよう

2~3歳になって言葉が出てきたら、簡単な単語が出てくる絵本にステップアップしてみましょう!

"語彙の爆発期"といわれる年齢。

英語絵本の読み聞かせを続ければ、英語の発語が出てくる日も近いですよ。


Baby Happy Baby Sad



こちらもまた、子どもが復唱しやすいシンプルな英語絵本。

Baby HappyとBaby Sadの2種類の文章のみで「今赤ちゃんはHappyかな? Sadかな?」を一緒に考えることができる、知育にもぴったりの1冊です。

日常生活でHappyなことがあったとき、Sadなことがあったとき、この絵本を思い出して、Me Happy! Me Sad!と自分に置き換えてみるのも良いですね。


Let's Play



あの「スイミー」で有名な人気絵本作家レオ・レオニの作品で、優しいタッチのイラストがほっこりする1冊。

今日1日何をしよう?遊ぶのが大好きなねずみ2匹が相談しています。

タイトルの「Let's play!」から始まり、内容に書いてある遊びの名称も、日常生活で使える表現ばかり。

2~3歳の、まさに遊び盛りの子どもにぴったりなボキャブラリーが詰まっています!


I Like It When



親子のスキンシップタイム、何をしているときが幸せですか?

この本は「I like it when 〇〇」(〇〇しているときが好き)という、親子の時間がテーマになった幸せな絵本。

ワンポイント

I like it when 〇〇という構文は、なかなかパッと会話で出てこないもの。この絵本で慣れ親しむことで、英会話力が底上げされます!


HUG



Hugという1つの単語のみで構成されたこの本は、親子のコミュニケーションタイムにもぴったり!

日本にはあまりないハグ文化ですが、親子のスキンシップには欠かせないですよね。

読み聞かせも簡単な1冊「HUG」は、はじめて子どもが自力読みする絵本にもぴったりですよ。


Little Truck



1人で道路を走る小さなトラックを、ヒヤヒヤしながら見守る大きなトラック。

時々助け舟を出しながら、優しい気持ちで小さなトラックを一緒に見守ろう!

思いやりの気持ちも育つ英語絵本です。


Goodnight Moon



寝る前の読み聞かせにおすすめの1冊。

静かな夜、静かな部屋で、いろんなものに対して「Good night」とあいさつをしていく単調なお話。

実生活でも、部屋にあるいろんなものに寝る前のあいさつをして、英語のアウトプットも促そう!

海外でも夜のStorytimeによく読まれている、定番の1冊です。


Apple Bear Cat



はじめてのアルファベットにもぴったりな、ネイティブの子どもも使うアルファベット絵本。

日本でも「アリさんの"あ"」「いぬの"い"」というふうに、あいうえおを学習しますよね。

それのアルファベットバージョンなので、幼児がアルファベットに触れるのにふさわしいアプローチで、読み聞かせながら楽しく学べます。

2~3歳でアルファベットを教えるのは早いのでは…?

と思うかもしれませんが、この本はアルファベットを勉強させるためのものではありません。

絵本の読み聞かせという親子のコミュニケーションタイムの中で、今のうちからアルファベットに触れておくだけ。

ペグ
勉強させたり、習わせたりするわけではないから、絵本として気軽に楽しもう!

OH NO!



思わず「Oh no!」(あ~あ!)と言ってしまいたくなる、日常のハプニングにまつわるお話。

幼児って、絵本や動画で何かがこぼれたりびっくりしたり、作品の中でハプニングが起こるとテンション上がりませんか?(笑)

そして、まねっこも大好きな年齢。

おもしろいハプニングに出会うたびに「Oh no!」と復唱していくうちに、実生活でも使えるようになっていきますよ。

Oh no!が日常生活でさらっと出てくるようになれば、バイリンガルへの道は近い!


英語でもよめる「できるかな?」



英語と日本語の両方で読める、エリック・カール氏の知育絵本。

内容は、動物の得意なこと(ペンギンが頭をくるっと回したり、ワニがしっぽを振ったり)がキミにもできるかな?と語りかけているもの。

英語で読む日もあれば日本語で読む日もあり…そんなバイリンガルな読み聞かせも素敵ですよね!

おうち英語ママ
やっぱり英語オンリーよりも、日本語訳がついていると安心するね!

Egg Babies



いろんな動物のたまごが出てきて、何が生まれるか当てるクイズ形式の絵本です。

すぐ読み終わるボリューム感で、手軽にサクッと読んであげるのにピッタリ。

「Come on out!」(でておいで~!)という繰り返し表現は、日常生活や普段のごっこ遊びにも使える便利なフレーズですね!

ペグ
出てきたフレーズは、別の遊びで応用するとどんどん英語が定着していくよ~!

Polar Bear Polar Bear What Do You Hear?



読み聞かせの定番シリーズ、Polar Bear。

同じシリーズでの人気どころでいえば、Brown Bearもありますね。

動物の鳴き声や日常生活で使える表現に触れられて、不思議なテクスチャーを感じさせるエリック・カール氏の独特な色使いは知育にもピッタリ。

ただ英語は少し長めで、あまりなじみのない表現(音や鳴き声を表すもの)も出てくるので、読み聞かせとしては難易度が高めかもしれません。

スラスラ読むのに時間がかかりそうな本は、購入して何度も読むことで、親御さんの読み聞かせスキルもアップするよ!


Clap Hands



簡単な単語を使って、赤ちゃんたちの日常を描いたシンプルな絵本。

文章も短く、Clap hands(拍手)やSpin(くるっと回る)など、聞いてすぐに行動に移せるフレーズが多いので、読みながらアウトプットも引き出せます。

ペグ
絵本をじっと聞いていられないお年頃でも、これなら動き回りながらでも読めて楽しいよ

Bruno Munari's ABC



シックなイラストがおしゃれなこの絵本は、アルファベットの学習用。

Aのページには【an Ant on an Apple】のように、Aのつく単語を組み合わせた文章が書かれているので、より根強くアルファベットが定着します。

子どもの絵本はビビッドカラーが多いですが、この目に優しい色合いも癒されますね!


1,2,3 to the Zoo



エリック・カール氏の、数字を学ぶシンプルな絵本。

動物たちが汽車に乗って動物園へ向かいます。

はじめの汽車にはゾウが1頭、次の汽車にはカバが2匹…親子でゆっくり数えてみましょう。

1ページにつき数字が1つというボリューム感なので、ゆったりペースで数字に触れることができますよ。

おうち英語ママ
これは英語じゃなくて、日本語で数字を教えてあげるのにも良き!

Potty



トイトレをしているお子さんに読み聞かせてあげたい1冊。

トイレに行きたい…でもオムツでしちゃおうかな…どうしようかな…

そんな、子どもにしか分からない葛藤が描かれた、かわいらしいストーリーにも興味津々!

トイトレが終わった子どもと一緒に読んでも楽しい!

 

【4~5歳】少しずつストーリーデビュー

4~5歳になったら、少しずつストーリー性のある絵本にチャレンジしてみましょう。

もちろん、英語のストーリーを完璧に理解できなければいけないというわけではありません。

4~5歳で英語を始めた子は、急に難易度の高い本を読んでも理解が追い付かず、つまらないですよね。

対象年齢を気にせず、その子に合ったレベルや好みの本から始めていきましょう!


Bam and Kero's Sunday



実は日本の作品である、バムとケロシリーズ。

バム(犬)とケロ(カエル)が2人で暮らす家での、ほのぼのしたストーリーです。

お話は難しくありませんが、英文は少しだけ長め。

ペグ
うちの子たちは、バムの困った顔やケロのいたずらが好きで、お話というより表情や描写に大ウケしていました(笑)

英語でもよめるスイミー



わたしたち親世代も読んだことのある「スイミー」を、英語で楽しんでみませんか?

英語と日本語の両方で書かれているので、どちらの言語でも読み聞かせしてあげることができます。

スイミーは小学校1年生の教科書に出てくるお話だけど、就学前に読んで知っておくのもGOOD!


The Very Hungry Catapillar



おなじみの「はらぺこあおむし」を、原作の英語で。

英文は少し長めのお話ですが、使われている単語は子ども向け。

月曜日にはりんごを1つ食べて、火曜日には梨を2つ食べて…という単調なストーリー展開で、子どもも「次は何を食べるんだっけ?」と興味を持ってくれるでしょう。

「What's next?」などと語りかけながら読んであげると、クイズ感覚で楽しいね!


Everywhere Babies



世界中の赤ちゃんが描かれた絵本は、4~5歳で「お兄さんお姉さん」の自覚が出てくる子どもの興味を引きます。

Fat babies(太った赤ちゃん)、Small babies(小さい赤ちゃん)、いろんな赤ちゃんがいて、みんな目があって、指があって…

「Same as yours!」(あなたと同じね!)と語りかけながら読んであげたい1冊ですね。

 

【全年齢】世界中の名作を日本語で読み聞かせ!

読み聞かせを通して、世界中の名作絵本に触れることができたら…とっても素敵ですよね!

ここからは、0歳の赤ちゃんから小学生まで幅広い年齢で楽しめる!絵本の配送サービスをご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 世界の名作絵本を読み聞かせてあげたい
  • 知育に良い絵本をプロに選んでもらいたい
  • 気軽にたくさんの名作に触れたい
  • 世界中の絵本を日本語で読み聞かせてあげたい

 

WORLDLIBRARY Personal

子どもの年齢や成長に合わせて、プロが選んだ世界の名作絵本が届く、絵本のサブスクサービスです。

WORLDLIBRARY Personalの魅力

  • 1~7歳向けの幅広いラインナップ!
  • しかけ絵本も充実!
  • 定価以下の月1,100円+送料200円で絵本が手に入る!
  • 和訳された本が届くので日本語で読み聞かせできる!

世界中の絵本に触れることで、その国や地域の文化やさまざまな生き方に触れることができます。

日本にいると海外の名作に触れる機会がありませんし、言語が違うと読み聞かせられないというデメリットもありますよね。

WORLDLIBRARY Personalなら和訳された本が届くので、毎月いろんな国の絵本に出会うことができますよ。

\ 公式サイトはこちら /


ワールドライブラリー

しかけ絵本3冊セット

0歳の赤ちゃんから全力で楽しめる、しかけ絵本3冊セット!

ワールドライブラリーに揃っている世界中の名作の中から、

  • 赤ちゃんが自分の指先を使って遊べる
  • 指先運動と集中力を育み0歳期の著しい発達を応援!

という、赤ちゃん向けに厳選された3冊がセットになって登場。

自宅用はもちろん、プレゼントにも大人気!

気になる中身は…

【facesはじめてのえほん baby sees】

文字のない、鏡のしかけがついたイギリスの絵本。赤ちゃんの視覚の発達を研究して作られているから、0歳さんにぴったり!

【あおい よるの ゆめ】

空に星を浮かべたり、花を咲かせたり、とにかくしかけが充実!イタリアの楽しい絵本。1ページの中にしかけがたくさん隠れているので、親御さんのほうが夢中になってしまうかも!?

【すてきな うちゅうへ】

びよ~んと横に150cmも伸びる!ダイナミックなジャバラのしかけ付き絵本。大きなしかけで、宇宙を旅している気分に!こちらもイギリスの絵本です。

\ 公式サイトはこちら /


WORLDLIBRARY

ENGLISHシリーズ

世界中の名作絵本を、CD付きで発売しています。

絵本とCDのセットは、自宅はもちろん車の中でも楽しめるし、目と耳の両方から英語に触れることができるので、おうち英語の強い味方です。

CDにはネイティブスピーカーによる読み聞かせ音源、そしてその絵本に合わせたストーリーソングが収録されていて、読み聞かせ以外にも楽しみ方がたくさん。

ストーリーソングはこんな感じ!

最初はストーリーソングで楽しく絵本の内容に触れて、慣れてきたら読み聞かせ音源を聴いてみると…

あら不思議!聞き取れて理解もできちゃう!

\ 公式サイトはこちら /


Baby English Labo

おうち英語で最初にトライする教材としてもぴったりな、Baby English Labo。

親御さんと赤ちゃんのかけがえのない時間を楽しむために、厳選された絵本が定期的に届くサービスです。

届く商品は…

  • 絵本
  • 歌や読み聞かせのCD
  • 親御さんのためのガイドブック

月に1回のペースで、毎回いろいろな種類の絵本やCDが届き、全6回(6ヶ月分)となっています。

画像引用:Baby English Labo公式サイト

おうち英語ママ
毎月少しずつ届くから、わが子との絵本タイムが楽しみになるね!

絵本はすべて上部な厚紙でできたボードブックで、長年英語圏で親しまれてきた有名作品を厳選。

CDには、日本語での読み聞かせが収録されたものもありますよ。

\ 公式サイトはこちら /

 



 

子供に英語絵本を読み聞かせる効果

赤ちゃんや子どもに英語絵本を読み聞かせることには、たくさんのメリットがあります。

英語がたくさん書いてある本を読むのは苦手…

と抵抗感を感じる親御さんもいるかもしれませんが、赤ちゃん向けの絵本はそもそも単語の数が少ないんです。

以下のように、親子で英語絵本を楽しむのにぴったりな本もありますよ。

  • たった1つの単語のみで構成された絵本
  • ほんの数ページしかない単調な絵本
  • 子どもが飽きずに最後まで読み切れる薄い本

英語がスラスラ読めなくても、子どもと一緒に楽しめる絵本を選びながら、親子で慣れていけばOK。

英語絵本を読み聞かせることで期待できる、嬉しい効果についてお伝えしていきます。

 

「英語耳」でどんな音も聞き分けられる

英語絵本のメリットは、まず英語耳が育つことでしょう。

0歳というのは、赤ちゃんが音を聞き分ける大切な時期。

0歳のときに外部から聞こえてくる音の中で、赤ちゃんの脳は「聞き分けるべき音」と「聞き分けなくてもいい音」を仕分ける作業を行います。

このとき「聞き分けるべき音」と認識した音だけを聞き取りながら、赤ちゃんは大きくなっていくのだそうです。

そして「聞き分けなくてもいい音」と認識した音は雑音として処理され、徐々に聞き取らなくなっていきます。

英語が聞き取れない人は、赤ちゃんの頃に脳が英語を「聞き分けなくてもいい音」と判断した人なんです

おうち英語ママ
赤ちゃんのうちに耳に入れておくべき音の大切さが分かるね

そんな大切な赤ちゃん期だからこそ、英語の読み聞かせをすることで、その子にとって英語を「聞き分けるべき音」と認識してもらえるんですよ。

赤ちゃん期の英語リスニングは、その後の英語力を確実に伸ばしていきますよ。

関連記事
子供の英語いつから始める?年齢別の始め方や注意点も

2020年に小学校3年生からの英語が必修化され、ますます英語教育が注目されるようになりました。 子供の英語は、いつから始めればよいのでしょうか? 英語は子どもが大きくなるにつれて、始めるハードルが高くなってしまいますよね。 ...

続きを見る

 

「英語脳」で英語を英語で理解できるように

英語絵本のメリット、もう1つは英語脳が育ちやすくなること。

英語脳とは、英語を英語で理解する脳の仕組みのことです。

わたしたち日本人は英語を理解するとき、一旦日本語に訳すという作業を頭の中で行っていると思います。

英語絵本に触れてきている子どもは、すでに脳が英語を「聞き分けるべき音」と認識しているので、一旦日本語に訳すという手間を省くことができるのです。

そして日本語を介さず、英語を英語のまま理解できるようになっていきます。

 

英語に抵抗感なくどんどん話せるように

英語に対する抵抗感がない子どもは、どんどん話せるようになっていきます。

子どもの年齢が大きくなればなるほど「間違えたくない」「英語を話すと変な目で見られる」という感覚が芽生えてしまいます。

ペグ
まだまだ日本では、英語が話せるだけ茶化されたりするよね

そんなふうに、親の願いに反するように生まれてしまうのが、英語への抵抗感です。

英語絵本の読み聞かせをしてあげることで、その子にとっては英語=家族の絵本タイムという感覚になります。

英語が身近な存在となっていき、抵抗感が芽生えるのを未然に防ぐことができるのです。

 

そして、英語に対する抵抗感がないことで、子どもは間違えることを恐れず、どんどん英語を使っていくでしょう。

子どもは吸収力も高いので、あっという間に話せるようになってしまいますよ。

ペグ
英語が話せない要因でもある、英語への抵抗感。何が何でもコレは払拭すべき!

 

親の英語力もアップ!家族で英語を使えるように

英語絵本に家族で慣れ親しむことで、自然と親御さんの英語力も上がります。

ゆくゆくは、家族で簡単な英会話ができたり、家庭での英語教育がスムーズに進んだりする効果も期待できます。

子ども向けの英語絵本には、子どものうちに身につけておくべき基本的な英語やフレーズが詰まっています。

英語絵本を一緒に読んでいれば、子どもと一緒に基本フレーズが身につくでしょう。

親御さんが子どもよりも英語ができないとダメ…ということはなく、子どもと一緒に学んでいければ十分!



子供向け英語絵本の選び方

英語絵本というだけで、世界中にありとあらゆる種類がありますね。

どのレベルの英語絵本が良いのか分からない!

子どもにぴったりの英語絵本に出会いたい!

ここでは、子どもの英語絵本を選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

 

【レベルに合った絵本】対象年齢は気にしない

まずは、対象年齢を気にしないで選ぶこと。

子ども本人が楽しめることが大前提なので、対象年齢はあくまで目安と考えてOK!

対象年齢が違うという理由で諦めてしまうのは、もったいないですよね。

海外製の絵本だと、対象年齢はネイティブの子どもが基準になっています。

ネイティブの子どもと日本の子どもとでは、英語習得のペースは違って当然。

ペグ
むしろネイティブの対象年齢に合わせて読み聞かせていても、子どもはまったく理解できないことも

対象年齢は気にしすぎず、絵や仕掛けなどで子どもが興味を示す本があれば、対象年齢に関係なく遊びながら読んでみましょう!

 

【子どもの好きなジャンルの絵本】何よりも効果あり

子どもが好きなジャンルの本を優先的に選んであげると、絵本や読書自体を好きになりやすいでしょう。

たとえば、乗り物好きな子にプリンセス系の絵本を読んであげても、イマイチ興味が湧きませんよね。

赤ちゃんであっても、自分から動いておもちゃを手に取るような月齢になると「くまさんが好きなんだな」「食べ物が好きなんだな」と、なんとなく好みが分かってくるのではないかと思います。

ペグ
一時的だとしても、今そのとき子どもがハマっているものが出てくる絵本なんかも、興味を引くにはうってつけです!

 

【丈夫な絵本】投げても安心

幼児期のうちは、本を大切に扱うことを理解するまでは投げたり破ったりすることもよくあります。

ボードブックや布製の絵本など、赤ちゃんが口に入れたり投げたりしても安全なものを選ぶと良いでしょう。

ボードブックとは、厚い板紙に印刷された本。 表紙・裏表紙・中のページ全てが厚い紙でできていて、破れにくくなっています。

 

【しかけ絵本】本に対する興味を誘う

まだ赤ちゃんだったり、本にあまり興味がなかったりする子どもに対しては、まず興味を引くことから始めましょう。

乳幼児期の子どもは特に、音や仕掛けがある本に食いつくことが多いですよね。

「できれば英語をちゃんと聞いてほしい」と思う気持ちも分かります!

しかし、まずは子どもが本に興味を持ってくれることが大前提。

音楽や感触を楽しめるしかけ絵本を選ぶのも1つの手ですよ。

また、月齢の低い赤ちゃんはまだ視力が弱く、はっきりと絵本を見ることができません。

そんな赤ちゃんでも絵本に興味を持ってもらえるよう、カラフルで目を引く作品を選ぶと良いでしょう。



子供の英語絵本読み聞かせ、よくある質問

英語絵本の読み聞かせに関して、よくある質問をまとめてみました。

不安要素を解決して、楽しく読み聞かせ生活をスタートさせましょう!

 

発音に自信がない親はどうすれば?

英語苦手ママ

発音が上手じゃないから、読み聞かせで悪影響があるんじゃないかと心配…

そんなお悩みもありますよね。

結論からいうと、親御さんの読み聞かせや発音が、子どもの英語力に影響することはほとんどありません。

なぜなら、英語教育は親御さんの英語だけで行うわけではないからです。

親御さんが発音に自信がないのなら、英語Youtubeや英語おもちゃ、教材など、別の方法で正しい英語を聞いてもらえばよいのです。

親御さんの発音だけが子どもに移るというのは考えにくいので、発音に自信がなくても大丈夫ですよ。

 

それでも不安な人は、このあとでご紹介する以下の項目も参考にしてみてください。

 

1日に何冊読んだらいい?

英語絵本は、1日何冊読めば効果があると定義されているものではありません。

もちろん読めば読むだけ良いですし、同じ本を繰り返し読むのも、たくさんの本に触れるのも効果的でしょう。

でも、1日〇冊と決めつけてしまうとノルマのようになり、親御さんが苦しくなってしまう要因にも。

「時間があるから今日は多めに読もう!」

「昨日いっぱい読んだから今日はお休み!」

これぐらいのゆるい感覚で大丈夫です。

こちらもどうぞ
おうち英語ガチ勢ママが厳選!子供向け英語アプリまとめ

子どもの英語教育をするのに、英語Youtubeや英語絵本を取り入れているご家庭もありますよね。 では、遊びながら英語が学べるアプリは取り入れていますか? 最近では、英語初心者キッズでも気軽に遊べるものや、親の手助けがいらないゲームなど、アプリの内容も充実してきています。 ...

続きを見る

 

読み方や発声のコツはある?

子どもだと、絵本を読んでいるだけでは飽きてしまう子もいるでしょう。

以下のポイントをおさえて、読み方を工夫してみてはいかがでしょうか。

  • 絵本の場面によって声色を変える(楽しい場面、悲しい場面など)
  • 大きな展開を迎える場面は少し声を大きくする
  • 登場人物の気持ちによって声のトーンを変える
  • 登場人物の種類によって声のトーンを変える(ゾウさんだったら強そうに読むなど)

よく、あえて淡々と読むことで子ども自身に情景をイメージさせるという読み方も推奨されていますが、英語絵本だとそのような効果は期待できないので、思い切り感情を込めて読んであげることをおすすめします。

ペグ
情景をイメージさせるという方法は"日本人相手に日本語絵本を読むときのコツ"として推奨されている読み方なので、英語絵本では同じやり方はオススメしません

 

読み聞かせは何歳からするの?

英語絵本の読み聞かせは、早ければ早いほど良いといわれています。

とはいえ、生まれて間もない赤ちゃんは視力も弱いので、生後3ヶ月くらいで始めることが推奨されていますよ。

だんだんと視力がついてきて、興味のあるものを目で追うようになったり、自分の手を発見する「ハンドリガード」をするようになる頃を見計らって、しかけ絵本などから始めてみると良いでしょう。

赤ちゃんの発達段階に応じて、ピッタリな絵本や読み聞かせ方法を選んでいきましょう!

  • 新生児~2ヶ月:色合いやコントラストがはっきりしたものに反応する
  • 3~6ヶ月:視力が発達し始めものを掴んだりするので、カラフルな絵本やしかけ絵本などを好む
  • 7~10ヶ月:ずり這いやお座りができ自発的に遊ぶようになるので、しかけ絵本に興味を示す
  • 10~12ヶ月:興味の対象が増え飽きっぽくなるので、短めの絵本がGOOD

 

どうしても読み聞かせが苦手という場合は?

それでも、こんなジレンマを抱える親御さんもいると思います。

やっぱり英語の読み聞かせをするのはしんどい…

でも子どもには英語絵本に慣れ親しんでほしい!

そんな方におすすめなのが、以下のツールです。

  • 読み聞かせCDのついた絵本セット
  • 読み聞かせYoutubeチャンネル

英語に限らず、読み聞かせって得意不得意がありますよね。

どうしても苦手なら、デジタルコンテンツに頼るのもあり!

ここからは、CD付きの英語絵本やYoutubeの読み聞かせチャンネルをご紹介していきますね。


ふたりはともだち(CD付き絵本)



小学校1年生の教科書にも載っている、心温まる「お手がみ」という物語。

「がまくん」と「かえるくん」、そして「かたつむりくん」が繰り広げる、ゆったりのんびりした優しい世界のお話ですね。

英語のCDつき絵本で、英語バージョンにも触れてみませんか?

FrogとToadのように、お手紙を書いてみようか!と言って、英語の読み書きにつなげるのもアリ!


Goodnight Moon



先ほどご紹介した『Goodnight Moon』のCD付きバージョン。

夜寝る前の読み聞かせにもぴったりな、眠りを誘う作品です。

ちなみに、ひとつ前の項目でご紹介したWORLDLIBRARY ENGLISHシリーズBaby English Laboも絵本とCDのセットなので、読み聞かせが苦手な親御さんにおすすめですよ。


Storytime Online

Storytime Onlineは読み聞かせ専用のYoutubeチャンネルです。

読んでくれるのは、なんと錚々たるハリウッド俳優たち!

なんとも豪華な読み聞かせを楽しむことができますよ。

また、ネイティブ音声で読み聞かせしてくれる読書アプリやウェブサイトもたくさんあります。

  • Oxford Reading Club
  • epic!
  • OpenLibrary

読書アプリはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おうち英語ガチ勢ママが厳選!子供向け英語アプリまとめ

子どもの英語教育をするのに、英語Youtubeや英語絵本を取り入れているご家庭もありますよね。 では、遊びながら英語が学べるアプリは取り入れていますか? 最近では、英語初心者キッズでも気軽に遊べるものや、親の手助けがいらないゲームなど、アプリの内容も充実してきています。 ...

続きを見る

 

親が英語を読めない場合はどうすれば?

親御さんが英語を読めないけれど、一緒に英語絵本にトライしてみたい!

というご家庭には、日本語訳のある絵本を選ぶことをおすすめします。




英語と一緒に日本語でもお話を理解できるので、どちらの言語も伸ばすことができるでしょう。

おうち英語ママ
でも、英語と日本語を同時に読み聞かせしたらごちゃ混ぜになってしまうのでは…

という心配もあるかもしれませんね。

でも大丈夫!

英語と日本語がごちゃ混ぜになってしまうのは、1つの文章に英語と日本語が含まれているケースをいいます。

たとえば、こういう文章のことです。

  • Once upon a time(むかしむかし), おじいさんとおばあさんがいました。
  • おじいさんはmountainへ芝刈りに、おばあさんはriverに洗濯に行きました。
  • するとpeachが流れてきました。
ペグ
こんな本の読み方をする人はいませんし、そんなツールもありませんからご安心ください!



まとめ:子供向け英語絵本でゆるっと英語育児!

英語でも日本語でも、絵本から学ぶことって多いですよね。

Youtubeやゲームからは得られない感性や想像力、豊かな発想力や自分で考える力など、さまざまな能力や感覚が養われます。

今回は、英語が苦手な親御さんでも、子どもと一緒に読みやすい絵本やツールをご紹介してきました。

子どもの英語力の土台にもなる英語絵本、ぜひ読みやすいものから取り入れてみてくださいね。


ブログランキングに参加しています!
クリックしていただけると、とっても励みになります✨

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
育児・バイリンガルランキング
  • この記事を書いた人

ペグ

2人のバイリンガルキッズを育てている、Webライター兼ブロガーです。 英語好きが高じて、自宅をインターナショナルスクールみたいにしちゃおう!というぶっ飛んだ【おうち英語】を始めました。英語が苦手なパパママでも気軽にトライできる、そんなおうち英語情報のリサーチと研究が趣味。気軽にコメント、メッセージいただけると喜びます~♥

-おうち英語ノウハウ, おすすめ教材
-, , , ,