おうち英語ノウハウ

子供に英語は必要?小学校英語も安心!効率的な学び方

子どもに英語教育は必要なのか?

幼い子どもを持つ親御さんなら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

これから、どんどん英語が必要になっていく時代。

日本だから日本語だけ話せれば良い、という古い価値観は廃れていくでしょう。

この記事では、子どもの英語教育の必要性について、さまざまな角度からの意見をまとめるとともに、効率的な子どもの英語学習方法をご紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 子どもの英語教育に賛成派と反対派の意見まとめ
  • イマドキの英語教育って何をする?
  • 子どもが効率的に英語を学ぶ方法は?
  • 海外の早期英語教育はどんなことをする?

※本ページにはプロモーションが含まれています



Contents

 子供に英語教育は必要なのか

今の日本で、子どもの英語教育は必要なのでしょうか。

まだまだこの問題には、疑問符がつきますね。

というのも日本では、日本語さえ話せれば生きていける国だからです。

わざわざ英語を話せるようにならなくても、何の弊害もないのが現状ですよね。

しかし、これからの未来を生きていく子どもたちにとっては、どうでしょうか。

少子高齢化が進むこの先、働き手も少なくなり、日本人だけでは人手が足りなくなってくるかもしれません。

そうなれば外国人労働者や移民を増やして、景気を回復させ、どうにかしてGDPを上げようとするでしょう。

海外で活躍する!外資系企業に就職する!という大きな目的がなくても、日本にいるだけで英語が必要になる時代が近づいています。

また、日本の将来を危惧し、海外に出稼ぎに行く日本人も増えていくとみられています。

今の日本は子育て世代にも厳しい目が向けられ、福祉も充実しておらず、子どもを育てにくい国としてレッテルが貼られてしまっていますよね。

ペグ
税金も上がる一方で、とても子どもを3人、4人と産んで満足に育てられる国ではないよね…

そんな日本の未来は、英語が話せないと生きづらくなる可能性を少しずつ含み始めています。

英語が話せないと生きていけない!というわけではありませんが、英語を話せれば確実に便利で得をすることは断言できるでしょう

そんな日本人の英語教育問題には常々、両極端の意見が存在しています。

子どもの英語教育が必要だと思う人と、不要だと思う人の意見です。

おうち英語ママ
子どもの英語教育を検討するなら、どちらの意見も知っておきたい!

それでは、次の項目から双方の意見を見てみましょう。



【必要派】子供の英語は早いに越したことはない

まずは、子どもの英語教育が「必要」だと考える意見について。

幼児期から英語を学び始めることで、メリットがたくさんありますね。

それがどうして子どもにとってプラスになるのか、どのような効果があるのか見ていきましょう。

 

英語習得は9歳までが肝心だから

1つ目の理由は、英語習得のボーダーラインとなるのが9歳だからです。

言語習得には「臨界期」というものがあって、この臨界期を迎えるまでに触れてきた言語は、ネイティブレベルに近づけるといわれています。

その臨界期が、9歳

つまり、9歳までに英語を始めることで、語彙力や発音などがネイティブレベルに達する可能性が高いんです。

9歳までに英語を始めると…

  • 聞き取った英語をそのまま発音できる
  • 英語学習に偏見がないうちに習得できる
  • 新しい知識をスポンジのように吸収できる
  • 感受性豊かで好奇心旺盛なので何でも意欲的に学習できる

たとえば、日本人が苦手とする「L」と「R」の発音も、臨界期までの子どもであれば容易に聞き分け、発音することができます。

臨界期を超えても、本人が意欲を持って学べば習得は可能ですが、みんながみんな英語好きになるとは限らないですよね。

臨界期を迎える前に、すべての英語の音を聞き分けられる"英語耳"や、英語を英語のまま理解する"英語脳"を育てておくことが大事なんです。


また、10歳前後までの子どもには、「条件学習能力」という能力が備わっています。

一方で、10歳を超えた子どもやわたしたち大人が持つのは「概念学習能力」と呼ばれる能力。

違いや特徴は、以下の通りです。

条件学習能力 概念学習能力
  • 英語と日本語の言語環境に無意識に対応できる能力
  • 聞いたままの音を繰り返し発することで言語を習得していく能力
  • 仕組みや理由を理解する力
  • 概念や理屈でとらえて学習しようとする能力

後者の「概念学習能力」は年齢や成長とともに伸びていく能力。

英語を文法や語彙、文章の組み立て方などを論理的に理解し、効率的に学習できるようになります。

つまり、10歳を過ぎると読み書き能力が格段にアップするという仕組みなんですね。

しかし、英語を耳で聞いてそのまま発音し、ネイティブ並みの英語力をつけられるのは、前者の「条件学習能力」を持った10歳前後までの子ども。

ペグ
コミュニケーション英語であれば、この年齢で始めておくほうが圧倒的に有利なんです!

さらに言うと、より低年齢の2~5歳という"幼児期"は、その中でもっとも英語習得に効果的。

最初は何を言っているか分からない英語でも、すぐに理解できるようになり、また使いこなせるようになるそうです。

こちらもどうぞ
2歳のおうち英語は最強!子どもが苦労せず英語を習得できる方法

おうち英語を始めるなら、2歳という黄金期を最大限に活用しましょう! 思い立ったが吉日!といわれるおうち英語ですが、2歳で始めるご家庭が多いようです。 2歳というと「語彙の爆発期」ともいわれる、言語発達において非常に大切な年齢。 ...

続きを見る

 

小3で英語が始まるから

2020年から始まった、小学校3年生からの英語に向けて、幼少期からの英語教育に力を入れる考えもあります。

3~4年生は週に1コマ、5~6年生は週に2コマ程度の英語授業が導入されています。

週1~2コマというと少ない気もしますが、英語に触れていない子にとっては未知の時間。

英語が好きになるか嫌になるかの分かれ道にもなるといわれ、特に英語が正式な教科扱いとなる5年生ごろから、英語嫌いさんが増えていくといわれています。

ポイント

小学校英語の内容は、今後さらにレベルアップする可能性も!

英語の授業が始まったとき、ABCも何も分からない状態では、子ども自身が英語に苦手意識を持ってしまう可能性があります。

幼児期から英語に慣れ親しんでおくことで、小3でスタートする簡単なレベルの英語であれば理解しやすく、幸先も良いですよね。

子どもが最初から英語を嫌いにならないために、幼児期から始めておくというご家庭も多いんですよ。

小学校英語が始まる前に家庭で始められる英語教材も豊富です。

気になったら、ぜひ見てみてくださいね。

【一覧表あり】おうち英語おすすめ教材|英語ガチ母が総まとめ

悩めるおうち英語ママ おうち英語の教材、たくさんあってどれを選べばいいのか分からない! 悩めるおうち英語ママ ...

続きを見る

 

これからの社会に必要な力を育むから

これからの時代を生きていくために、英語教育で得られる力は多くあります。

実は、英語教育がもたらすメリットは英語力だけではないのです。

 

日本は人口の大半が日本人で、同じ言語に同じ文化、身体的特徴なども同じような人たちが生活する国。

世界的に見るととても珍しいんです。

しかしこれからは、日本国内で日本人とだけ関わりながら生きていく…という社会ではなくなっていくでしょう。

そんなとき、英語だけでなくその背景にある歴史や文化を知ることで「世界中にはいろんな国々や言葉、文化や習慣があるんだ」ということを自然と認識できます。

英語を通して、いろんな国に対する理解を深めることで、特定の価値観や考えにとらわれない思考力が身につくのです。

これからの社会で多様性を受け入れ、異文化に対する理解力が身につくことで、将来どんな国の人とでもコミュニケーションを取り、人間関係を築いていくことができるでしょう。

偏見や差別をすることなく、みんなで助け合い共存していく。

子どもの頃から英語に慣れ親しむことによって、英語力だけではなく人間力を磨くこともできるのです。

ペグ
実はうちでおうち英語をしているのは、こういった考え方を持ってほしいという理由も。固定観念にとらわれず、自由に生きていいんだ!と思ってくれたらいいな
関連記事
おうち英語の成功って何?家庭で本物の英語力をつけよう

自宅で気軽に英語に慣れ親しむことができる、おうち英語。 一体、何ができるようになれば「おうち英語の成功」といえるのでしょうか? そしておうち英語を成功させるために、できることとは何なのでしょうか? ...

続きを見る

 

将来の選択肢を広げられるから

子どものうちから英語を学んでおくことで、将来の選択肢を広げてあげることができます。

子どもが将来どんな学校に進み、どんな仕事を選んで生きていくのかは未知の世界。

ですが、今よりもっとグローバルな社会になっていることは間違いないでしょう。

世界で、英語を話す人の人口は約15億人にものぼるといわれています。

もしかすると、日本は将来マレーシアのように、世界各国の企業が集結する国際色豊かな国になっているかもしれません。

逆に、日本から外国に出稼ぎに行かなければならない時代になっているかもしれませんね。

いずれにしても、多くの企業で高い英語運用能力が求められるようになることは、容易に想像できます。

子どもが英語能力を必要とする職に就くかどうかは分かりませんが、いざそうなったときに英語を始めようとしても、習得するのは簡単ではありません。

幼児期から英語を始めておくことで、大人になってから始めるよりも自然で効率的に、ネイティブのような英語を習得できます。

将来チャレンジできる仕事の幅を広げてあげるために、早期英語教育をするという考えも定着していますね。

関連記事
英語が話せる芸能人は幼少期何をした?「おうち英語」出身者も

芸能界には英語が話せる人がたくさんいます。 しかし芸能人という立場上、わたしたちはこう思ってしまいませんか? 「幼少期からインターナショナルスクールに通っていたんだろう」 ...

続きを見る

おうち英語ママ
いざ海外に行ってから英語を始めるのではなく、英語を使える状態で海外に行った方が、それからの人生が充実するよね!

 

自己肯定感を高められるから

日本人が苦手とする英語を得意にしてあげることで、子どもの自己肯定感を高めることもできるでしょう。

英語に自信を持てると、英語コミュニケーションや国際理解に対しても積極的になれるからです。

ほかに苦手な科目があっても、英語が得意という自信をバネにして、さまざまなことを克服しようとするチャレンジ精神も養われていくかもしれません。

ペグ
何を隠そう、わたしがこのタイプでした。幼少期から英語が好きで、自然と得意になったので「英語なら任せて!」と積極的な性格になれた。10人中10人がそうなるわけではないと思うけど、可能性はある!
関連記事
おうち英語のメリットは無限!子供は家で英語を学べる

家庭で気軽に英語に触れられるおうち英語。 おうち英語には、メリットが多いことをご存知でしょうか? お金がなくても始められるおうち英語は、乳幼児のうちから英語に慣れ親しみ、土台を作るのに絶大な効果を発揮します。 ...

続きを見る

 

英語の学習時間を早くに確保できるから

子どものうちから英語を始めておくと、英語学習に必要な2,000時間という膨大な時間を確保することができます。

2,000時間というのは、日本人が英語を習得するためにかけるべきといわれている時間。

ペグ
もちろん、2,000時間英語に触れれば誰しもがペラペラになれるというわけではありません、が、それだけ膨大な時間を英語に充てなければ、日本人が英語を習得することは難しいのです

アメリカ国務省に付属されている、Foreign Service Institute(FSI)という機関が1973年に、こんな発表をしています。

英語を母国語とする人たちが、ほかの言語をマスターするのにどれくらいの時間がかかるのか?を算出したものです。

外国語の研修成果と学習時間に関する資料
英語と似ている言語(フランス語・ドイツ語など) 720時間
英語とやや異なる言語(ギリシャ語、ヒンズー語など) 1,320時間
英語とかなり異なる語(ロシア語、トルコ語など) 1,320時間
英語と全く異なる語(中国語、日本語、アラビア語、朝鮮語) 2,400~2,760時間

英語を母国語としている人たちが、フランス語やドイツ語など、英語と似ている言語を学ぶときは、720時間(約24週)でマスターできるのに対し、彼らが日本語を学ぼうとすると、3,000時間近くかかることもあるそうなんです!

ペグ
英語と日本語は、世界で一番かけ離れた言語といわれているんです
おうち英語ママ
発音も、アルファベットも、文の構造もすべてが違うもんね…

そういうわけで、わたしたち日本人も英語をマスターするには、最低でも2,000時間はかけましょう!といわれているんですね。

しかし日本の学校教育では、小学校から大学までの英語授業時間をトータルしても、1000時間に満たないんです!

おうち英語ママ
あんなにみっちり英語をやらされた記憶があるけど、それでも必要時間の半分にも到達していなかったのね…
おうち英語ママ
でも、あの倍以上英語を勉強しろといわれたら…無理~~~!!!泣

2000時間って、思っているよりずっと莫大な時間なんですよね。

しかし、幼児期から英語を始めておけば、その2000時間に到達するのもあっという間。

なぜなら、幼児期はたっぷり時間があるから。

小学校に入ると、勉強に宿題、友達との時間や習いごと…想像以上に時間がなくなります。

中学生、高校生にもなれば部活動やアルバイトも始まって、なおさら英語に割く時間なんてないですよね。

英語アニメを見たり、英語絵本を読んだりしながら、ゆっくりと英語に慣れ親しめるのは、幼児期のうちだけなんです。

幼児期に1日1時間英語に費やすだけで、5年半で2000時間達成!

1000時間は学校教育で学ぶとして、残り1000時間を早期英語教育で補いたい場合は、たった2年8ヶ月で到達!

関連記事
おうち英語のメリットは無限!子供は家で英語を学べる

家庭で気軽に英語に触れられるおうち英語。 おうち英語には、メリットが多いことをご存知でしょうか? お金がなくても始められるおうち英語は、乳幼児のうちから英語に慣れ親しみ、土台を作るのに絶大な効果を発揮します。 ...

続きを見る

子どもの英語を始めるメリットは「どれだけ時間があるか」が非常に大きいのです。

ペグ
脳の発達が…っていう小難しい話よりも、ずっと現実的で説得力がある理屈だよね

 

英語に抵抗感を持ちづらくなるから

子どものうちから英語に触れていると、英語に対して抵抗感を持ちづらくなります。

抵抗感は、英語を話す上で何よりの妨げとなるもの。

抵抗感が理由で英語を話す意欲を削がれると、ずっと話せないままになってしまいますよね。

子どものうちから英語に触れておくことは、その抵抗感を最初から払拭してあげられる手段の1つで、子どもであれば誰でも克服することができます。

どんどん成長し、羞恥心や社会性が身につくにつれて、子どもはこんなふうに考えるようになるでしょう。

「英語を間違えたら恥ずかしいな」

「みんなと発音が違ったら笑われるかも」

「間違えるくらいなら最初から話せないと言う方が楽だ」

また、英語を使わなくても日本では十分に生きていけてしまうため、そのうち「英語なんて学ばなくてもいいや」と諦めてしまう人も多いですよね。

おうち英語ママ
うぐっ…心当たりありまくり…

早いうちから英語に慣れ親しんでおくことで、英語はその子にとって「よく分からない言語」ではなく「日本語と同じように使う言葉」という位置づけになります。

抵抗感がなくなることで、間違いを恐れずに話してみようという気持ちが芽生え、積極的にアウトプットできるようになります。

それは確実に、英語力向上につながっていくのです。

関連記事
子供は英語を忘れる!幼少期の英語力を維持するために必要なこと

子供の頃英語を話せたけど、今は忘れてしまった 帰国子女だけど、もう英語を話せなくなってしまった こういうケースをよく耳にしませんか? ...

続きを見る



【不要派】子供の英語は日本語のあとにすべき

それでは、早期英語教育が不要だと考える根拠についても見ていきましょう。

反対派の理由としては、主に

英語よりも日本語が先であるべき

子どもに無理をさせてはならない

日本人としての常識やアイデンティティを形成すべき

という点が挙げられるようです。

より詳しく、掘り下げていきましょう。

 

子どもに無理をさせる可能性があるから

まず、早期英語教育は子どもが無理をする可能性が高いと懸念されています。

英語で苦労したことのある親御さんは、子どもに同じ思いをさせないために、幼児期から子どもに英語を習わせる人も少なくありません。

もちろんそれは早期英語教育のメリットでもあり、子どもの将来を考えればとても有益なことです。

しかし、子どもが英語の習いごとを楽しんでいなければ、それはただの苦行になってしまいますよね。

英語の習いごとによっては、先生と楽しく会話をしたり歌ったり、ゲームをしたりするところもあれば、暗記系のレッスンをしているところもあります。

英語学習の方法は習いごとによって違うので、子どもが楽しめるレッスンでなければ、無理をさせてしまうことになります

無理をして英語を学んだ子どもは…

  • 英語を「コミュニケーションツール」だと認識できない
  • 嫌いなものを効率的に学習することは難しい
  • 英語に対し拒否反応を起こす
  • いずれ始まる小学校英語にも悪影響がある

早期英語教育をするならば、子どもが英語嫌いにならないようなレッスンや方法を選んで、子どもの気持ちや意欲を尊重しながら続けていきたいですね。

関連記事
【バイリンガルキッズ母厳選】子供の英語におすすめサービス

これからの時代、子どもには使える英語力を身につけてあげたいですよね。 最近では、自宅で気軽に英語に触れられるサービスやコンテンツも増えています。 幼児英語教材にCDやDVD、英語絵本、Youtubeチャンネルなど選び放題! ...

続きを見る

こちらもどうぞ
子供の英語教室は意味ないって本当?実は〇〇が原因だった!

悩めるママさん 子供を英語教室に通わせたいけど、意味ないのかな? とお悩みではありませんか? ...

続きを見る

 

セミリンガルの要因になるから

早くから英語を始めることで、言語発達の遅れでもある"セミリンガル"になってしまう可能性があります。

セミリンガルとは、複数の言語を話せるけれども、そのどれもが年齢相応に発達していない状態を指します。

早期英語教育の問題点としてよく挙げられるのがこのセミリンガルで「早くから英語を始めると日本語が遅れる」とも言われたりしますね。

おうち英語ママ
確かに、実際に子どもがセミリンガルになったら…と思うと怖くて英語を始められない
ペグ
では、どういう環境でセミリンガルになっていくのかを見ていきましょう

 

 パターン①

小学校低学年くらいまでの年齢で海外に移住し、母国語がまだ完璧でないうちに言語環境がガラリと変わるケースです。

新しい言語環境で生きていれば、子どもはすぐに慣れ、現地の言葉を話せるようになるでしょう。

しかし性格や年齢によっては、数年間セミリンガルとなる期間があるかもしれません。

現地の言葉が年齢相応に育たない上に、言語環境が違えば母国語もうまく育たず、セミリンガルが続いてしまう可能性もあります。

 

 パターン②

海外移住などはしませんが、母国語がまだ完璧でないうちに学びを止め、別の言語漬けの環境に置くケースです。

たとえば日本でインターやプリスクールなどの英語環境に入れ、家庭でも日本語を禁じるなど、極端に日本語を排除することでセミリンガルになりやすいといわれています。

日本にいながらの英語教育で、100%ネイティブレベルになれるとは言い切れない上に、日本語も健全に学べないとなると、どちらの言語も中途半端になってしまう可能性があるのです。

 

ちなみにわが家の場合、家庭内で使っている言語は英語ですが、子どもたちは一般的な日本語幼稚園と公立小学校に通っているので、適切な日本語教育も受けています。

小学校に入って国語の授業が始まると、日本語や漢字の知識がいかに大事か思い知らされます。

日本語を学ぶ環境もきちんと与えて、セミリンガル化を避ける英語教育が理想的ですね。


しかし、わたしが発信しているような「おうち英語」でセミリンガルになる可能性は限りなく低いといえます。

なぜなら日本語も大事にした上で、2つの言語を同時習得しているからです。

脳は、あまりに使わなさすぎる言葉や知識は「生きていく上で不要なもの」と判断し、どんどん記憶から消していってしまいます。

しかし、使い続けていれば脳に「必要な情報」だと判断してもらえるので、それが抜け出てしまうことはありません。

早期英語教育をするなら、英語と日本語に同じだけ触れ、どちらも大事な言語だと脳に判断してもらうことが大切です。

 

アイデンティティクライシスの要因になるから

早くから英語を習得することで、アイデンティティクライシスに陥ってしまう可能性も危惧されています。

アイデンティティクライシスとは、幼児期から英語環境に入れることで、日本人としての自覚が薄くなってしまうこと。

たとえば、日本で生まれ育った日本人なのにもかかわらず、インターで育っているために日本社会に溶け込めなかった人は、

「自分がどの国に所属しているのか分からない」

「自分は一体何者?」

というような、精神的に不安定な状態になってしまう可能性があるのです。

それだけでなく、まわりに溶け込めないことから浮いてしまったり、いじめにつながったりすることも。

インターなど、日本とは違う文化を学ぶ環境に身を置く場合、日本人としてのアイデンティティを家庭で教えることが大切です。

ペグ
ただし、これに至っては「日本人としての自覚は必ずしも必要なものではない」と考える親御さんもいます。将来的に海外生活を目指しているのであれば、日本人としてのアイデンティティにこだわる必要もないのかもしれませんね

 

早く始めてもいずれは小学校で習うから

早期英語教育をしても、2020年から小学校3年生で英語が始まるので「ほぼ無意味では?」という意見もあります。

たとえば幼児期の頃から週に1度、英会話教室に通うとしましょう。

小学校入学までに、英語で自分の名前が言えたり、好きな食べ物が言えたりするかもしれません。

しかし正直なところ、その程度の英語であれば小3の英語ですぐに習うでしょう。

早期英語教育といっても、その程度の英語を話せるようにしかならないのであれば、しなくても全く問題ないという考えがあります。

ペグ
確かに、この意見にはわたしも賛成。早期英語教育でこの程度にしかならないのであれば、その分遊ぶ時間をたっぷりあげたい

読み書きなどに対しても同じ意見があります。

小学校入学までにカタカナを完璧にしたり、足し算ができるようになっていれば、幼児期にはチヤホヤされるかもしれません。

しかし結局小学校ですぐに習うので、本人が優越感を感じられるのは幼児期のみなんです。

それまでみんなよりも優位にいたのに、追いつかれたことで突然やる気をなくしてしまう子も少なくないそう。

英語に関しても、小学校英語が始まるとき抵抗感を持たない程度に、そして自己紹介ができる程度に…

そのレベルしか目指していないのであれば、小学校英語から始めても十分追いつける!という考えもあるのですね。

 

日本語での論理的思考力が重要だから

早期英語教育によって、日本語で物事を考える論理的思考力が育たないという指摘もあります。

論理的思考力とは、物事を順序だてて論理的に考える思考力のこと。

論理的思考ができる人は、説得力のある説明ができたり、相手の気持ちを汲み取りながら会話をすることができます。

 

わたしたちは、それぞれの中に軸となる言語(=母国語)を持っています。

日本で生まれたのであれば日本語ですね。

その母国語を使って論理的に物事を考える力は、生きていく上で必要な能力で、英語教育よりもずっと大事なものだとされています。

母国語で論理的思考ができるようになると、さまざまな課題や問題を自力で解決することができるようになります。

ペグ
社会に出て生きていくために必要な思考力なんです!

しかし、早期英語教育で英語漬けにしてしまうことで、この母国語での論理的思考力が十分に育たない可能性があります。

早くに英語を始めることで日本語の発達に遅れが出るという、セミリンガルという問題にも直結する部分ですよね。

むやみに幼児期に英語を教え込むよりも、母国語でしっかりと物事を考えられる力を育てる方が大事ということで、英語を始めるのは小学校高学年くらいがベストだ!という意見もあるのです。


また、外国語が母国語のレベルを超えることはないといわれています。

日本人の場合、日本語のレベルを英語が超えることはないということです。

日本語が苦手な人は英語も苦手傾向にありますし、逆も然り。

英語が堪能になりたいのなら、まず母国語を堪能にすべき!という見解から、早期英語教育は後回しでOKと考える専門家もいるようです。

ペグ
外国語が母国語を超えることはないというのは、わたしも信じている言葉です。なので、日本語も英語も大切に育むことを意識しています!学校の勉強も、どの教科より国語に力を入れています

 

継続しなければ意味がないから

早期英語教育を始めても、英語学習は長く続けなければ意味がないため、それ相応の覚悟がないと結局無意味になるという意見もあります。

言語習得は、自転車のようにほんの数ヶ月頑張ればマスターできるものではありません。

水泳のように週に1回プロに習えば習得できるものでもありません。

言語習得に終わりはなく、英語を話せるようになってもなお、英語に触れ続ける必要があります。

ペグ
英語を話せるようになったからといってやめてしまうと、あっという間に忘れてしまうよ
関連記事
子供の英語は毎日続けよう!親子で楽しめる5つの方法

おうち英語ママ子供の英語、毎日続ける時間がない! おうち英語ママ毎日続けるのが苦痛で、途中でやめちゃった… 子供の英語、毎日続けるのは難しいですよね。 ...

続きを見る

幼少期、英語圏でネイティブレベルの英語を習得した帰国子女でさえ、日本に帰国したら話せなくなっていた…

そんなこともよくある話です。

海外滞在が長いと、母国語でさえスッと口から出てこなくなってしまうことがあるんです。

子どもがいかに早く英語を覚え、そしていかに早く忘れていくか、こちらの記事で詳しくお話しています。

子供は英語を忘れる!幼少期の英語力を維持するために必要なこと

子供の頃英語を話せたけど、今は忘れてしまった 帰国子女だけど、もう英語を話せなくなってしまった こういうケースをよく耳にしませんか? ...

続きを見る

早期英語教育を始める場合、半永久的に続けていくつもりでスタートする覚悟が必要なんですね。

ペグ
もしもその覚悟がない場合、早期英語教育は本当に無意味なものになってしまう可能性があります



子どもの英語教育5つのポイント

では、子どもの英語教育を始める場合、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか?

効率よく、そして使える英語を身につけるためのポイントを押さえておきましょう!

 

コミュニケーション英語を学ぶこと

子どもの英語教育は文法や語彙力よりも、コミュニケーション英語を学ぶことが大切。

子どもが自主性を持って英語でコミュニケーションを取りたい!と思えるような学び方が理想です。

乳幼児は、視覚よりも聴覚のほうが反応しやすいといわれています。

視覚情報をひたすら与えたところで、期待できる効果はほとんどありません。

子どもの英語を始めるならば、まずはリスニングから始めてコミュニケーション英語を学ぶことを意識しましょう。

ペグ
子どもは、いくらテキストで"便利なフレーズ"を読んでも、英語を使えるようにはなりません。リスニングで聞いて、聞いたまま言葉を発していくうちに、話せるようになっていくのです

なお、この方法が有効とされているのは、先にお話した臨界期とよばれる年齢まで。

臨界期である9歳までに英語を始める場合には、リスニングからスタートし、コミュニケーションができる英語力を目指しましょう!

関連記事
子供の英語いつから始める?年齢別の始め方や注意点も

2020年に小学校3年生からの英語が必修化され、ますます英語教育が注目されるようになりました。 子供の英語は、いつから始めればよいのでしょうか? 英語は子どもが大きくなるにつれて、始めるハードルが高くなってしまいますよね。 ...

続きを見る

 

親も一緒に学ぶこと

子どもの英語教育は、親御さんも一緒に学ぶことが望ましいとされています。

子どもにとって大好きな存在であるパパとママが英語を楽しんでいたり、積極的に取り組んでいれば、子どもも無条件に興味を示します。

英語で話せたら楽しいよね!パパママといっしょに英語を練習してみよう!

というふうに、家族みんなで英語を使うことを意識すると、子どもの意欲も変わってきますよ。

もちろん親御さんが英語が得意でなければいけない、英語がペラペラでなければいけない…なんてことはありません。

子どもが英語の歌を聴いたり、歌ったりしているときは、親御さんも一緒に参加してみてください。

簡単な英語絵本を、子どもに読み聞かせてあげるのもとっても効果的。

詳しくはこちら
子供向け英語絵本まとめ!英語苦手パパママにおすすめツールも

英語教育を考えているご家庭では、子供に英語の絵本を読み聞かせてあげませんか? 乳幼児期から英語の絵本に触れている子どもは、英語耳・英語脳が育ちやすく、その後の英語力アップにもつながります。 しかし「英語の読み聞かせはハードルが高すぎる!」と思う人もいるでしょう。 ...

続きを見る

親御さんも一緒に学ぶ姿勢を見せて、英語を使うことを「楽しい!」と思ってもらうことが大切です。

大人向けの英語学習についての記事はこちら。

英語を学び直したい大人のためのサービスまとめ

これからますます必要になっていく、英語力。 しかし、大人が英語を学び直すハードルは、思っている以上に高いですよね。 今から英語をやり直すといっても、何から始めたらいいかわからない ...

続きを見る

英語系Youtuberオススメまとめ!大人の英語学習も無料で楽しく

子どもの英語教育や英語育児について発信している当ブログですが、大人向けの英語系Youtubeがあれば、親御さんも楽しく英語を学べますよね。 今の時代、子どもだけが英語を学んでいても、なかなか長続きしないでしょう。 親御さんが一緒に学んだり、英語に対して前向きな姿勢を見せたりするだけで、子どものモチベーションも上がります。 ...

続きを見る

気になったら見てみてくださいね。

 

英語を強制しないこと

英語を強制するのは、NGの1つです。

英語教育に力を入れたい気持ちは分かりますが、ノルマを課したり、無理強いしてしまったりすると、英語嫌いを助長するおそれがあります。

実際に幼少期から英語に触れている子どもでも、強制させられたことで、拒否反応が出てしまった子も多いのです。

乳幼児に英語DVDを見せるくらいであれば、本人の意思に関係なく手軽にできますが、年齢が上がるにつれて本人にも「やる気」や「興味」が出てきます。

子どもが今どうしたいかを一番に考えながら、強制しない英語教育を意識しましょう。

親御さんがこだわっている方法に子ども側が合わせるよりも、子どもが楽しめそうな方法をひねり出しながら、無理なくコツコツ続けられると良いですね。

強制せずに英語を続けられる方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

遊びながら学ぶこと

子どもの英語教育は、座って先生の話を聞いたり、ノートに書くという学習法ではなく、遊びながら身につくことが理想的。

具体的には、歌を歌ったりみんなでダンスをしたり、英語のゲームで遊んだりする方法です。

机に向かって英語を学ぶと、子どもは「英語=勉強」と捉えてしまうでしょう。

そうすると、勉強が嫌いな子どもは、英語に対しても苦手意識を抱くようになります。

一度英語に苦手意識を抱いてしまうと、本来であれば柔軟な脳にスルスル入っていく知識も、なかなか定着しなくなってしまうんです。

「英語がわからない」「難しい」と思い続けていくうちに、苦手科目になってしまうケースも多いですよね。

子どもの英語は、遊びながら学ぶことを意識すれば、自然に、そして抵抗なく受け入れることができますよ。

関連記事
【おうち英語の始め方】今すぐできる方法やおすすめ教材を紹介

おうち英語に興味はあるけど、始め方がわからない 英語が苦手だけど、子どもにおうち英語できるかな? 子どもの将来のためにおうち英語をしてあげたいけど、始め方がわからない!と悩んでいませんか? ...

続きを見る

 

年齢に応じた学び方をすること

英語学習は、年齢に応じて適切なアプローチをすることが必要です。

子どもでも、ある年齢を境に学び方がガラッと変わります。

それが、先にご紹介している9歳という「言語学習の臨界期」とよばれる年齢。

>>臨界期の説明にジャンプ!

子どもの英語というと、リスニングをしていれば自然に話せるようになる…というやり方を想像するかもしれません。

しかし、実は臨界期を迎えると、リスニングだけでどうにかするには手遅れな場合もあるのです。

臨界期以降の子どもたちに有効なやり方は、大人と同じで文法を学ぶこと。

臨界期(9歳)を過ぎると、子どもたちは文法を理解できるくらい賢くなっているので、ただやみくもに英語を聞かせるのでなく、理屈で理解してもらうという方法が効果的なのです。

ペグ
それに9歳くらいになると「はい、マネして喋ってみて」という学習法に恥ずかしさを覚える子も出てくるから、リスニングばかりしていても効果が出づらいんです

このように、年齢に応じた学び方をすることも、英語教育の大事なポイントになってきますよ。

 

小学校英語に向けて今からできる対策

子どもの英語が必要だといわれるようになった背景の1つは、小学校3年生から始まった英語の授業。

ここからは、以下の情報をまとめてみましょう。

  • 小学校英語ではどんな授業が行われるのか?
  • 小学校英語が始まる前にできる対策とは?

 

小学校英語で習う英単語に触れておく

幼児期のうちから、小学校英語で習う単語を知っておくことは大切です。

小学校3年生で始まる英語の授業はコミュニケーションがメインなので、英語の歌を歌ったりクイズで遊んだり、簡単な挨拶を練習したりします。

習う英単語も、ネイティブでいう2~3歳児くらいのレベルなので、ぜひ幼児期のうちから知っておき、また使い慣れておくと良いでしょう。

小学校3~4年生で習う英単語は、以下のようなものです。

  • あいさつ(Helloなど)
  • 感情(Happy, Sad など)
  • 好きなものを聞く表現(Do you like 〇〇?, I like 〇〇.など)
  • ローマ字(大文字・小文字)
  • 天気
  • 曜日
  • 時間
  • 食べ物
  • 場所

これらの単語にあらかじめ触れておくだけで、小学校英語のハードルがググっと下がります。

小学校英語に向けての対策に使える、英語アプリをご紹介しますね。


こどもえいごずかん

学研が提供している英語アプリで、小学校英語対策にぴったりの遊びやすさが魅力。

イラストをタップすると、日本語/英語で読み上げてくれるので、単語を聞き分ける力が身につきます。

ペグ
日本語と英語が切り替えられるので、どちらの言葉も学びたい幼児さんにもピッタリ!

そして、イラストを使ったシルエットクイズやリスニングクイズなど、楽しいゲームも豊富!

有料プランにすると無限に遊べますが、無料プランでも一部のジャンルは遊び放題ですよ。


MOCOMOCO ENGLiSH

シュールなキャラクターがクセになるMOCOMOCO ENGLiSHは、小学校英語の教科書に沿ったカリキュラムが特徴。

画面に表示されるままにコンテンツを進めていくだけで、小学校英語の内容を網羅することができます。

ペグ
MOCOMOCOは、小学校英語対策だけではなく、発音練習もできる欲張りアプリ!ネイティブのキレイな発音を目指せるよ

アニメやゲーム、発音練習と豊富なコンテンツで、月額980円という安さも魅力!

しかも、無料期間が最大1ヶ月あるので、その途中で解約すればお金は一切かかりません。

画像参照:MOCOMOCO ENGLiSH公式サイト

小学校英語の前に、ぜひ始めておきたいアプリです。

\ ダウンロードはこちら /


おすすめアプリは、こちらの記事でもまとめています。

おうち英語ガチ勢ママが厳選!子供向け英語アプリまとめ

子どもの英語教育をするのに、英語Youtubeや英語絵本を取り入れているご家庭もありますよね。 では、遊びながら英語が学べるアプリは取り入れていますか? 最近では、英語初心者キッズでも気軽に遊べるものや、親の手助けがいらないゲームなど、アプリの内容も充実してきています。 ...

続きを見る

 

小学校英語で始まる英会話に慣れておく

小学校3年生から始まる"英会話"に少しでも慣れておくと、授業で活躍できるというメリットがあります。

まだまだ、小学校で英会話が十分にできる人は多くありません。

そこでおすすめしたいのが、オンライン英会話

ペグ
手軽に英会話を経験することができ、着実に英語力をつける方法の1つです!

英語歴が短い子であればあるほど、子ども向けの楽しいサービスがオススメ。

小学校英語に向けて「英語を話すのって楽しい!」「もっと英語でお話をしてみたい!」と思ってもらえたら良いですよね。

それでは、子ども向けの人気オンライン英会話サービスをご紹介していきます。


Global Crown

3~12歳を対象とした、子ども向けオンライン英会話サービス。

講師は全員日英のバイリンガルなので、小学生になって初めてオンライン英会話を始めるという子も安心!

分からない部分は日本語でフォローしてもらえるので、理解度も上がりますよ。

また、Globla Crownではレベルをクリアすると表彰状がもらえるサービスもあります。

子どもが「英語を話したい!」と思えるモチベーションが上がる工夫が施されていますよ。

\ 無料体験はこちら /




QQキッズ

国際資格TESOL(英語を母語としない人に英語を教える資格)を取得した優秀な講師陣が揃った、QQキッズ。

講師はフィリピン国籍ですが、困ったときは日本人スタッフがサポートしてくれるのも安心ポイント!

教えるプロによるオンライン英会話なので「確実な英語力を!」「将来的に使える英語力を!」という目標を持つご家庭にぴったりです。

\ 無料体験はこちら /



kimini英会話

無料体験期間が長いことで知られるkimini英会話は、教育のプロ・学研が提供している安心・安全のクオリティー。

全国の小学校・中学校・高校の授業でも、学研の英会話が導入されているんですよ。

おうち英語ママ
その英会話を、自宅で習うことができるんだ!

レッスン頻度に応じてプランは変わってきます。

毎日レッスン(25分)できるプランでも、6,800円という破格の料金設定なんです!

\ 無料体験はこちら /

Kiminiオンライン英会話


上記でご紹介したオンライン英会話以外にも、たくさん種類はありますので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

子供向けおすすめオンライン英会話!おうち英語ガチ勢ママが厳選

小学校3年生から英語が始まり、コミュニケーションをメインに英語を学ぶ時代になりました。 将来英語でコミュニケーションがとれるようになるため、小学校英語で遅れを取らないため、幼児期のうちから英語を習わせたい!と思いませんか? そんなときおすすめなのが、子供向けのオンライン英会話。 ...

続きを見る

【月7,000円以下】コスパで選ぶ子供用オンライン英会話まとめ

子どもの英語教育のため、オンライン英会話を始めてみたい! というご家庭が増えてきています。 オンライン英会話は送迎の必要もなく、好きな曜日や時間を決めることもできて、忙しい現代っ子の習いごとにはぴったりのサービスですよね。 ...

続きを見る

 

先を見据えて読み書きも始める

コミュニケーションだけできるようになっても、社会に出れば当然読み書きスキルが必要になりますね。

早くから読み書きを始める必要はありませんが、先を見据えて読み書きに進みやすい学習を意識しましょう。

小学校3年生から始まる英語は、5~6年生になると「外国語活動」だった英語は正式な授業になります。

他の科目と同じようにテストが始まったり、成績がつくようになるのです。

レベルも上がり、コミュニケーション英語から読み書きにステップアップ

こちらの章で解説している「条件学習能力」から「概念学習能力」に切り替わっていく年齢なので、コミュニケーションから読み書きに移行するフェーズなのです。

そんな小学校5~6年生の英語授業に向け、コミュニケーションだけでなく読み書きもできるコンテンツやサービスを活用しましょう。

とはいっても、難しく考える必要はありません!

お勉強感なく読み書きを始められるコンテンツやサービスをご紹介していきますね。


epic!

epic!は、世界中の絵本が40,000冊以上も読み放題になる読書アプリ。

むすこ氏
ぼくたちも毎日読んでるよ~!

英語絵本にトライしてみたいけど、読み聞かせる自信がない…という親御さんにも安心の、音声機能付き。

絵本や簡単な本、興味のあるジャンルの本は、英語の読み書きにつながる第一歩ですよね。

アプリで気軽に、英語絵本にチャレンジしてみましょう!


トド英語

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4技能をバランスよく習得できるアプリ・トド英語。

今、英語教育に力を入れる家庭の中では特に注目されていて「おうち留学ができる!」と話題沸騰中。

キャンペーンを実施しているタイミングで購入するとほぼ半額で1年間使えることもあるので、最新情報をお見逃しなく!

ペグ
キャンペーンが始まったらお知らせしますね

トド英語については、こちらの記事で詳しく解説しています。

英語アプリ【トド英語】がスゴい!おすすめ理由と絶大な効果とは

これからの時代、子どもには幼少期から英語に慣れ親しんでほしいですよね。 とはいっても親は教えられないし、習いごとも時間や金銭面でいろんな制限があるでしょう。 気を揉んでいるうちにも子どもはどんどん大きくなっていき、焦りは募るばかり。 ...

続きを見る


英語絵本

本が好き!デジタルではなく紙媒体で読みたい!

というご家庭では、ぜひ英語絵本を取り入れてみてください。

小学校5~6年生の英語に備える絵本だからといって、ネイティブと同年齢の絵本をチョイスする必要はありません。

英語絵本選びのポイント

  • 簡単に読める!というレベルの本
  • 苦痛にならない程度のページ数の本
  • 読んでいて情景がイメージできる本

こんなふうに「ちょっと簡単すぎるのではないか」と思うレベルの本をたくさん読むことで、リーディング力がメキメキついていきます。

ペグ
無理に難しい本を読もうとしても「読む」ことに一生懸命になってしまい、内容が頭に入ってこない。それは「読書」とはいえないよね
おうち英語ママ
簡単すぎるくらいの本をたくさん読んで"情景をイメージ"できるようにするんだね!

英語が苦手な親御さんも一緒に読んであげられる本をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

子供向け英語絵本まとめ!英語苦手パパママにおすすめツールも

英語教育を考えているご家庭では、子供に英語の絵本を読み聞かせてあげませんか? 乳幼児期から英語の絵本に触れている子どもは、英語耳・英語脳が育ちやすく、その後の英語力アップにもつながります。 しかし「英語の読み聞かせはハードルが高すぎる!」と思う人もいるでしょう。 ...

続きを見る


ポピー Kids English

小学校英語にもしっかり対応している、幼児教材メーカーのポピー。

おうち英語ママ
お手頃価格で自宅学習ができると人気だよね!

その、ポピー Kids Englishという教材をご紹介します。

ポピー Kids Englishおすすめポイント

  • ポピペン(タッチペン)で楽しくリスニングできる
  • 間違い探しや迷路などのゲームで、読み書きも練習できる
  • 小学校で習得する2倍もの単語が収録されている
  • なのに月額1,595円という破格

対象年齢は幼児から小学校3年生くらいまでなので、5年生から始まる読み書きに備えたい人にもオススメです。

\ 資料請求はこちら /



読み書きを見据えた英語教材もたくさんありますので、幼児期から少しずつ文字に触れておくと、のちのちの習得が早いでしょう。

関連記事
【一覧表あり】おうち英語おすすめ教材|英語ガチ母が総まとめ

悩めるおうち英語ママ おうち英語の教材、たくさんあってどれを選べばいいのか分からない! 悩めるおうち英語ママ ...

続きを見る

 

さらに難しい中学校英語にも備えよう

早期英語教育は、小学校のその先である中学校の英語授業に備えるという意味でも、大切な時間となります。

わたしたち親世代は、中学校で初めてアルファベットやローマ字を学習したという人もいますよね。

ペグ
現代の中学校英語はというと、そんなレベルではなくなっていました
こんなに変わる!中学校英語
授業時間 変更なし
単語数 1.5倍に増加
文法 前倒しされる

学ぶ単語数は1.5倍に増え、文法学習も従来もっと上の学年で学んでいたものが下りてきて、結果前倒しすることに。

それなのに、授業時間は変わらないんです!

1997年に小学校英語が初めてスタートした段階では、年間105コマ、3年間で315コマでした。

それが、2008年の改訂で年間140コマ、3年間で420コマまで増やされたんです。

ペグ
まだゆとり教育の真っ最中だったはずなのに、大幅に増やしたんだね!

これ以上増やすのは物理的に難しいということから、時間あたりで学ぶ内容が多くなっているのです。

先生はもちろん、生徒にかかる負担も倍増しています。

負担を少しでも軽減するために、早期英語教育で知識をつけておく家庭が増えているんですね。

また、中学校英語では教科書がすべて英語で書かれていたり、授業自体をオールイングリッシュで行う先生もいるそう。

ペグ
学校や先生によってバラつきがあるので、先輩方からの情報収集が大切です!



子どもの英語、どんな習いごとがある?

子どもの英語を始めるには、プロにお願いしたり習いごとをしたりするご家庭もありますね。

それでは、子どもの英語というとどんな習いごとがあるのでしょうか?

こちらもどうぞ
子供の英語教材はコスパで選ぶ!安くて効果的な方法

子どもの英語教育はお金がかかる! そう思われがちな英語教育ですが、実はコスパで選ぶほうが効果が高いといわれています。 いくらお金をかけても、英語を話せるようにならない人はごまんといます。 ...

続きを見る

 

英語塾

勉強としての英語を教えている塾のことですね。

むすこ氏
有名どころだと、公文の英語があるね

基本的には小学生以上が対象ですが、未就学児を受け入れている個人塾も増えてきています。

メリット 先取り学習ができる
英検など資格対策に強い
デメリット 文法重視でコミュニケーション英語は学べない
費用の相場 4,000〜7,000円程度
内容 プリントや音読、暗記など

英語塾は、楽しくコミュニケーションをすることが目的ではないので、子どもによっては退屈に感じてしまうことも。

逆に、人見知りなどで「会話の少ない習いごとがいい」ということであれば、塾のほうが合っているかもしれませんね。

一度見学に行くなどして、続けられそうか一緒に見てみてください。

 

英会話教室

その名の通り、英会話=コミュニケーションとしての英語を教えてくれる施設です。

ネイティブの先生だったり、日本人の先生だったりと様々で、どちらも在籍している教室が多いですね。

メリット ネイティブ講師のレッスンなら英語耳が育つ
勉強ではなくゲームや歌で英会話を楽しめる
デメリット 文法などの読み書き知識はつかない
費用の相場 5,000〜20,000円程度
内容 歌、ゲーム、ダンスなど
関連記事
子供の英語教材はコスパで選ぶ!安くて効果的な方法

子どもの英語教育はお金がかかる! そう思われがちな英語教育ですが、実はコスパで選ぶほうが効果が高いといわれています。 いくらお金をかけても、英語を話せるようにならない人はごまんといます。 ...

続きを見る

英会話教室もピンキリで、カリキュラムや種類も多岐にわたります。

ほとんどの教室にネイティブの先生がいて、歌やゲームで楽しく英語を学べると思いますが、外国人の先生とかかわるのが初めての子どもだと、それだけで警戒してしまうことも。

子どもが緊張感なくレッスンを楽しめる雰囲気かどうか、入念にチェックしましょう!

また、クラスの人数も事前に知っておいた方が良いでしょう。

おおまかに、マンツーマン、少人数、グループの3つに分けられますが、それぞれこんなメリット・デメリットがあります。

  • マンツーマン:レッスン時間を無駄なく英会話に充てられるが人見知りがあると辛いことも
  • 少人数レッスン:先生の目は行き届きやすいが少人数ゆえ合わない子がいる可能性も
  • グループレッスン:先生の目が分散するので英語力は思ったほど伸びない可能性も
関連記事
【バイリンガルキッズ母厳選】子供の英語におすすめサービス

これからの時代、子どもには使える英語力を身につけてあげたいですよね。 最近では、自宅で気軽に英語に触れられるサービスやコンテンツも増えています。 幼児英語教材にCDやDVD、英語絵本、Youtubeチャンネルなど選び放題! ...

続きを見る

 

オンライン英会話

英会話教室のオンラインバージョンで、コロナ禍により一気に人気が加速した新しい英語レッスン。

マンツーマンが多いので、分からないところを質問しやすかったり、終始集中してレッスンを受けることができます。

メリット マンツーマンなので質問や意見をしやすい
オンラインで気軽に受けられる
レッスン内容やレベルを選べる
デメリット マイクやカメラトラブルが起こる可能性がある
費用の相場 5,000〜20,000円程度
内容 テキスト、歌、ゲーム、フリートークなど
関連記事
子供向けおすすめオンライン英会話!おうち英語ガチ勢ママが厳選

小学校3年生から英語が始まり、コミュニケーションをメインに英語を学ぶ時代になりました。 将来英語でコミュニケーションがとれるようになるため、小学校英語で遅れを取らないため、幼児期のうちから英語を習わせたい!と思いませんか? そんなときおすすめなのが、子供向けのオンライン英会話。 ...

続きを見る

 

プリスクール

英語で保育をする施設のことで、ほとんどが認可外保育園になります。

タイムスケジュールは日本の保育園とほぼ同じで、違っているのは使う言語が日本語から英語に変わるという点。

メリット 英語環境に身を置ける
日常生活の中で自然に英語を学べる
デメリット 日本語に触れる時間が少なくなる
費用の相場 年間100〜180万円前後
内容 歌やゲーム、遊びを含む日常生活の全て

おすすめプリスクール

 

インターナショナルスクール

インターは、ネイティブの学習環境に身を置きたい人が通うところと思いきや、実はそもそもが日本人向けの施設ではありません。

日本に在住している外国籍を持つ子どもが、祖国に帰っても不自由なく生活していけるように、日本で祖国と同じ学習環境を手に入れることが目的。

外国にある日本人学校と同じ用途なのです。

メリット 英語ネイティブと同じ学習環境に身を置ける
デメリット 日本語に触れる時間が少なくなる
日本の文化・習慣などは一切学べない
費用の相場 年間150〜200万円前後
内容 歌やゲーム、遊びを含む日常生活の全て

習いごとではなくとも、自宅で教材を取り寄せて行う「おうち英語」もあります。

習いごとよりもハードルが低く、家族で楽しみながら英語に触れることができるので、子どもにとってもストレスが少ない英語学習法といえるでしょう。

「英語を習わせたり、インターに通わせるのはちょっと…」という方は、自宅で気軽にできる教材を検討してみてはいかがでしょうか?



海外の子供英語教育を見てみよう

日本では何かと問題視されることも多い、早期英語教育。

では、ほかの非英語圏ではどのように行われているのでしょうか?

 

韓国:東アジアでは上位レベル

文化も言語も近いといわれる隣国・韓国では、1997年から小学校3年生での英語教育がスタートしています。

日本は2020年にやっと始まったので、かなり早くに早期英語教育を始めていたことになりますね。

韓国人の英語力も、東アジアでは上位にランクインすることが多く、かつては日本のように受験英語がメインといわれてきましたが、今ではコミュニケーションにも対応した英語教育が定着しているようです。

 

中国:英語力が伸びる国民性

2001年にWHOに加盟した中国では、同年より小学校英語が義務付けられました。

小学校卒業時に習得できる単語数は1,600語にものぼると言われていて、圧倒的な勉強量で英語力を伸ばしています。(日本では、中学校卒業時までに1,200語)

ペグ
留学先で中国人学生をたくさん見てきたけど、間違いや細かいことを気にしないお国柄もあって、とにかく失敗を恐れずに喋る!という国民性で、みんなペラペラになるのが早かったよ

 

オランダ:非英語圏ではNo.1英語力

非英語圏でありながら、国民の90%が英語を話すというオランダは、非英語圏の英語教育ではダントツのクオリティーを誇っています。

オランダ語は、英語と文章の構造や文法が似ていることから、日本人と比べると英語を習得するハードルが低い国。

テレビ番組は、オランダ語に吹き替えられず英語のまま放送するものも多いなど、日ごろから英語に触れる機会が多いことも、国民の英語力の高さにつながっているのです。

 

フィンランド:テストのない"ゆとり風"英語教育

フィンランドは、入学試験などのテストがないという大きな特徴をもった国。

他者と比べて点数や順位をつけるという概念がないのだそうです。

そんなフィンランドで、英語教育が始まるのは日本と同じ小学校3年生。

もちろん英語教育においてもテストはなく、正解や不正解にこだわらず、楽しくコミュニケーションを取ることが重要視されているので、子どもの習得スピードも早いといいます。

また、特別英語が得意でなくても英語教師になれてしまう日本の制度とは異なり、フィンランドで英語教師になるにはTOEIC945〜990点相当という非常に高い英語力が求められます。

日本と比べて、かなり質の高い英語教育を受けることができるんですね。



まとめ:子供の英語は適切なタイミングと方法で

子どもの英語が必要かどうかという意見は、まだまだ真っ二つに分かれています。

しかしこれからの未来、今の子どもたちに何が起きるかは分かりません。

日本が、今後も長く平和に生きていける国であり続けるのかどうかも、分かりません。

幼い子どもに英語を学ばせるというのは、やり方を間違えると様々なリスクも考えられますが、総合的に見ればメリットの方が多いと感じています。

強制しない、子どもに苦痛を感じさせない方法もたくさんありますので、一緒に子どもの英語を始めてみませんか?

当ブログやSNSでも、おうち英語情報を発信しています!

ブログランキングに参加しています!
クリックしていただけると、とっても励みになります✨

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
育児・バイリンガルランキング
  • この記事を書いた人

ペグ

2人のバイリンガルキッズを育てている、Webライター兼ブロガーです。 英語好きが高じて、自宅をインターナショナルスクールみたいにしちゃおう!というぶっ飛んだ【おうち英語】を始めました。英語が苦手なパパママでも気軽にトライできる、そんなおうち英語情報のリサーチと研究が趣味。気軽にコメント、メッセージいただけると喜びます~♥

-おうち英語ノウハウ
-, , , , ,