おうち英語ノウハウ

2歳のおうち英語は最強!子どもが苦労せず英語を習得できる方法

おうち英語を始めるなら、2歳という黄金期を最大限に活用しましょう!

思い立ったが吉日!といわれるおうち英語ですが、2歳で始めるご家庭が多いようです。

2歳というと「語彙の爆発期」ともいわれる、言語発達において非常に大切な年齢。

2歳を過ぎるとあっという間に言葉が増え、いつの間にか日本語をマスターするようになります。

それはもちろん喜ばしいことなのですが、おうち英語という観点から考えると、始めるにはギリギリのラインかもしれません。

子どもになるべく苦労をさせず、自然にバイリンガルの道を歩んでもらえるように!

親御さんが経験したような、英語学習での苦労を子どもに味わわせないために!

2歳から始めるおうち英語について、徹底解説していきたいと思います。

※本ページはプロモーションが含まれています



2歳のおうち英語、どう始める?

2歳で始めるおうち英語では、できることがたくさんあります。

赤ちゃんよりもコミュニケーションが上手になってきて、インプットもアウトプットも積極的に伸ばすことができるからです。

それだけでなく、もっと大きい年齢の子どもと比べると、とにかく怖いものなし

間違いも恐れず、聞こえてきた言葉をそのまま口から出すこともお手の物!

教材ややり方にこだわるよりも、安い教材や無料のYoutubeでも良いので、とにかく早めに先手を打つことが成功のポイントですよ。

 

日常生活とリンクして英語を使おう

2歳というと、少しずつ喃語が出てくる年齢。

ことばの早い子は、1歳半くらいで出始めた喃語が少しずつ言葉っぽくなってくる年齢でもありますね。

2語文、3語文と、少しずつ文章で話せる言葉が増えてくる子も多いでしょう。

そんな2歳さんのおうち英語スタートは、日常生活とリンクさせること。

日常生活とリンクさせるメリット

  • 日常生活のすべてが題材になるので、ネタ探しに奮闘する必要がない
  • 毎日することなので、お勉強感を感じずに英語を習得できる
  • 毎日、自然に英語を使う機会が持てる

2歳さんは、ご飯やお風呂の時間も少しずつ定まってきて、生活リズムが整ってくる頃かなと思います。

保育園に行っていれば生活面ではある程度自立しているでしょうし、幼稚園入園を控えている子も、少しずつ練習を始めたいですよね。

そんなとき、おうち英語は相性抜群!

日常生活(毎日のルーティンや生活の流れ)をそのままおうち英語の題材にしてしまうのです。

  • 食事中の簡単な英語表現から使い始めてみる
  • 身支度の時間を英語タイムにしてみる
  • 英語を使って遊ぶ時間をもうける

などなど、毎日の生活に英語を組み込んでいくイメージ。

わざわざ1日の中で英語学習の時間を確保する必要はなく、あくまで日常生活に英語を添える感じですね。

日常生活で英語を使っていく方法は、こちらの記事でもご紹介していますよ。


おうち英語初心者キッズにぴったりのペネロペDVDをご存知ですか?

すべてのエピソードが日常生活に基づいたストーリーになっていて、2歳さんの取り組みにもうってつけ!

\ タップで公式サイトへ /

お着替えやお手伝い、保育園での出来事など、とても身近なテーマで簡単な英語表現を学ぶことができますよ。

クリアなイギリス英語が、オシャレで上品なバイリンガルになれる近道に!

1話あたり5分程度の短いストーリー編成で、子どもも飽きずにずっと楽しめるところがポイントです。

さらにお話のあとには、出てきた単語をクイズ形式でおさらいすることもできるんです!

ペグ
アニメを見るだけではなく、ペネロペの楽しいクイズでしっかりと、身体に英語を染み込ませることができるよ

公式サイトが最安です!


子どもと一緒に覚えた表現を、日常生活で使ってみたい!という方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

【初心者向け】子供に英語で声かけしてみよう!簡単フレーズ集

小学校3年生から英語の授業が始まり、どんどん英語が身近で必要な存在になってきています。 自宅で気軽にできる英語教育として、子供に英語で声かけをするという方法があります。 わが家のおうち英語でもいろいろな方法を試す中で、英語の声かけに大きな効果を感じました。 ...

続きを見る

また、英語を日常生活にリンクさせやすいおすすめDVDは、こちらの記事でご紹介していますよ。

子供向け英語DVDおすすめ|楽しくバイリンガルになろう

子どもの英語教育のため、英語動画を見せているというご家庭もあるのではないでしょうか。 英語習得の基本は「たくさん英語を聞くこと」なので、英語動画を見せることはとても理にかなっています。 2020年から必修化された小学校英語でも、最初は英語動画を見たり歌を歌ったりして、耳から英語を習得していきます。 ...

続きを見る

 

身体を動かして英語に触れよう

2歳さんのおうち英語は、ワークや読書よりも体を動かすことで、その効果は何倍にも膨れ上がります!

歌やダンスに興味を持ち出したり、走り回ることも大好きになってくる2歳さん。

公園では、すべり台などの遊具も少しずつ楽しめるようになってきますね。

そんな2歳さんとは、一緒に身体を動かして、英語を自然に習得していきましょう!

一番手軽なのは、Youtube動画で一緒に歌って踊ること。

こんな動画を使ってみてくださいね。

 

身体の部位を使って、実際に動かしながら歌える動画です。

身体を動かす×英語を聞く×英語を口から出すという最強コンボのおうち英語ができる、無料で効果抜群の方法ですよ。

おうち英語ママ
Youtubeは字幕もついてるから、親も一緒に歌いやすいね!
ペグ
何度も繰り返し聴いて一緒に踊るだけで、子どもはあっという間に口ずさめるようになりますよ

おすすめYoutube動画は、こちらの記事でもご紹介しています。

子供向け英語Youtubeチャンネルまとめ|おうちで気軽に英語教育

おうちで気軽に始められる子供の英語教育といえば、Youtubeを見ること。 でも、どんなYoutubeが良いんだろう? 検索しても、ありすぎて選べない! ...

続きを見る

子供がハマる英語アニメまとめ!おうち英語成功の第一歩に

おうち英語始めたママ おうち英語をするなら、英語のアニメから見せてみようかな と、幸先よいおうち英語スタートを切った親御さん必見! ...

続きを見る

おうち英語に!Blippi動画で気軽にネイティブ英語環境!

おうち英語をしているご家庭では定番中の定番かもしれませんが、Blippiというお兄さんをご存知ですか? アメリカで大人気のYoutubeチャンネルで、さまざまなジャンルにおける「教育系動画」を発信しています。 無料とは思えないそのクオリティーと豊富なコンテンツで、チャンネル登録者数はなんと驚異の1360万人。 ...

続きを見る

 

インプットとアウトプットを繰り返そう

2歳さんは、とにかく好奇心が旺盛。

まだうまくは話せなくても、親御さんや先生とコミュニケーションが取りたくて、一生懸命伝えようとしてくれますよね。

そんな時期だからこそ、おうち英語の効果が最大限にあらわれます!

かけ流しやYoutubeでインプットしてきた英語を、実際に自分の口から出してみる…というステップアップにもぴったりなのが、2歳という年齢なんです。

おうち英語ママ
確かに、5歳6歳と大きくなっていくと徐々に「間違えたくない」「みんなと違うのが恥ずかしい」と思うようになってくるよね
ペグ
2歳というのはいろんな意味で最強。間違いや人との違いを恐れず、興味の対象に一直線になってくれるよ

だからこそ、インプットばかりではもったいない!

少しでも英語のアウトプットを促せるようなやり方に切り替えてみませんか?

方法はとてもシンプル。

毎日違うコンテンツを聞かせるのではなく、少ないラインナップをローテーションすることを心掛けてみましょう。

毎日違う動画を見せたりかけ流し音源を聞かせることは、確かにリスニング力を鍛える効果はあるのですが、アウトプットにはつながりにくいと考えられます。

理由もシンプルで、毎回新しい動画や音楽を聴いていても、記憶に残りづらいからです。

その点、少ない数の動画や音楽をローテーションすることで、子どもは少しずつ歌詞やメロディー、セリフを覚えていきます。

そしていつの間にかそのコンテンツどおりに口から出せるようになっていくのです。

まねっこができるようになったら、アウトプットまではもう一息。

そのまねっこした言葉を、日常生活で実際に使ってみましょう!


たとえば、先にご紹介した「身体を動かすYoutube動画」。

「Walking(歩く)」という言葉が口から出るようになったとしましょう。

ここで「Walkingは"歩く"だよ」と日本語を介して教えてしまうのはNG。

Walkingという動作を、お子さんと一緒に行ってみてください。

お散歩のときでも、家の中を歩いているときでも良いですね。

Walking, walking, walking walking...と、歌詞の通りに歩いてみましょう。

何度か繰り返すだけで、2歳さんはWalkingがどういう動作を意味するのか、正確に覚えてしまいますよ。


最近では、2歳さんのように「とにかく動きたい」「じっとなんてしていられるか!」というお子さん向けに作られたオンライン英会話レッスンも豊富。

まったくの英語初心者でも、親御さんが英語苦手でも、どんな人でもピッタリはまるオンライン英会話サービスが見つかりますよ。

こちらの記事におすすめをまとめていますので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

子供向けおすすめオンライン英会話!おうち英語ガチ勢ママが厳選

小学校3年生から英語が始まり、コミュニケーションをメインに英語を学ぶ時代になりました。 将来英語でコミュニケーションがとれるようになるため、小学校英語で遅れを取らないため、幼児期のうちから英語を習わせたい!と思いませんか? そんなときおすすめなのが、子供向けのオンライン英会話。 ...

続きを見る

 

英語育児講座を活用しよう

はじめての育児でも、英語が苦手な親御さんでも、プロから直々にバイリンガル育児を教えてもらえる英語育児講座が開催されています!

ベビーパークの英語育児講座

通信講座なので、英語で子育てができる大ボリュームのコンテンツが毎月送られてくるシステム。

ベビーパーク英語育児講座の内容

  • 720種類もの語りかけフレーズ集がもらえる
  • 3,500冊のデジタル英語絵本がもらえる!(読み聞かせ音声付き)
  • 12時間分のかけ流し音源がもらえる!
  • 600話の英語アニメやドラマ動画がもらえる!
  • 720枚の音声付フラッシュカードがもらえる!

英語で子育てをすることで、子どもはこんなに自然に英語を話すようになっていくんです。

そして、この英語育児講座を終了したあとも、英検準1級レベルまで引き上げるためのプログラムでサポートしてくれます。

おうち英語ママ
英語育児を並走してくれるプログラム、心強い!これなら続けられそう

\ お申し込みはこちらから /

ベビーパークの英語育児講座

 



2歳でおうち英語をするメリット

2歳という、いろんな意味で最強の年齢におうち英語をスタートさせることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

英語に抵抗感がなくなる

2歳で英語を始めること、そして長く続けていくことで、英語に抵抗感のない大人になることができます。

今の日本では、それだけで十分な武器になるので、低年齢で英語をスタートさせる親御さんが多いですよね。

抵抗感がなくなると…

  • 日本語同様、ちょっとした間違いが怖くなくなり、積極的にアウトプットできる
  • アウトプットが増えると、英語力は必然的に伸びる
  • 英語力が伸びれば自信になり、より積極的にコミュニケーションを取ろうとする
  • 永遠に伸び続ける

英語に対する抵抗感がなくなるだけで、英語学習としては最強のループに入ることができます。

ペグ
英語が苦手な日本人が多いのも、この「抵抗感」という壁を打破できていないところに原因があるよ
おうち英語ママ
確かに、英語といわれるだけで「ムリ!!」と思ってしまうかも…

また、2歳でYoutubeやDVDなどの娯楽をスパッと英語に切り替えてしまうことで、大きな年齢の子どもよりも順応が早く、いつの間にか「テレビは英語」が当たり前になってくれますよ。

おうち英語ママ
「英語ヤダ!日本語に変えて!」と言われないのは親も楽♪
子供向け英語DVDおすすめ|楽しくバイリンガルになろう

子どもの英語教育のため、英語動画を見せているというご家庭もあるのではないでしょうか。 英語習得の基本は「たくさん英語を聞くこと」なので、英語動画を見せることはとても理にかなっています。 2020年から必修化された小学校英語でも、最初は英語動画を見たり歌を歌ったりして、耳から英語を習得していきます。 ...

続きを見る

 

日本語と同時進行で学べる

2歳でおうち英語を始めることで、日本語とほぼ同時進行することができます。

2歳というと、喃語や言葉が出ている子も多いと思うので、完全に同時進行できるかどうかは個人差があります。

が、日本語をマスターする前に英語を始めることができるので、5歳・6歳と日本語がペラペラになってからのスタートよりも、効果は早く、そして高く表れます。

英語を学ぶ際にあまり好ましくないのが、「Appleはリンゴだよ」「車はCarだよ」というふうに、日本語を介しながら教えること。

これは、わたしたちが受けてきた日本の英語教育と全く同じで、実用的な英語運用能力にはつながりにくい方法なのです。

2歳さんのおうち英語では、そもそもまだリンゴも車も言えない子もいますし、車に至ってはまだブーブーと幼児語を使っているご家庭も多いでしょう。

そのタイミングで英語を始めるということは、わざわざ「Appleはリンゴだよ」「車はCarだよ」という非効率的な教え方をしてしまうこともありません。

「This is an apple」と言ってリンゴの絵を見せたり、お散歩中に「That's a car!」と言って車を指さしてあげましょう。

日本語を介さず、英語を英語で理解する英語脳を育てながら、バイリンガルを目指すことができますよ

これは、2歳を過ぎてどんどん日本語が上手になってきた子どもには、なかなか通用しにくくなってくるやり方。

おうち英語ママ
確かに、日本語に慣れてくると日本語での説明を求められるよね…

日本語もままならない時期に英語を同時進行することで、どちらの言語も母国語形式で習得することが可能なんです。

関連記事
【初心者向け】子供に英語で声かけしてみよう!簡単フレーズ集

小学校3年生から英語の授業が始まり、どんどん英語が身近で必要な存在になってきています。 自宅で気軽にできる英語教育として、子供に英語で声かけをするという方法があります。 わが家のおうち英語でもいろいろな方法を試す中で、英語の声かけに大きな効果を感じました。 ...

続きを見る

 

興味・関心とともに身につく

2歳さんのおうち英語に、お勉強要素を盛り込む必要はありません。

遊びながら、ゲームをしながら、日常生活の中で。

子どもがやらされている感を感じない方法で、自然に英語に慣れ親しんでいくことができます。

ペグ
年齢が上がってくると、どうしても「科目」になってしまいがち。それに加えて、すでに抵抗感が芽生え始めていると、遊びやゲームであってもなかなか英語という"異国語"に心を開きにくくなってしまうかも…

2歳さんが今ハマっていることは何ですか?

いくつか代表例をピックアップしてみましたので、当てはまるものにぜひトライしてみてくださいね!

お絵描きが好きな2歳さん

  • 「Guess what?」(何を描いているでしょうか?)という語りかけとともに、親御さんがお絵描きクイズを出してあげる
  • 繰り返していくうちに、お子さんも「Guess what?」をリピートしてくれるように!
  • Art for Kids HubというYoutubeチャンネルで、一緒にお絵描きにチャレンジ!

乗り物が好きな2歳さん

  • BlippiのYoutubeチャンネルには、はたらくくるまシリーズが豊富!
  • 「Here comes the bus」(バス来たよ)や「Coming through!」(通りまーす!)のようなこなれた表現も、遊びながら覚えられる!
関連記事
おうち英語に!Blippi動画で気軽にネイティブ英語環境!

おうち英語をしているご家庭では定番中の定番かもしれませんが、Blippiというお兄さんをご存知ですか? アメリカで大人気のYoutubeチャンネルで、さまざまなジャンルにおける「教育系動画」を発信しています。 無料とは思えないそのクオリティーと豊富なコンテンツで、チャンネル登録者数はなんと驚異の1360万人。 ...

続きを見る

おままごとが好きな2歳さん

  • 「Who are you today?」(今日は誰の役?)と聞きながら、MomやDad、Dogなどの選択肢を与えてあげることで、あっという間にお気に入りの役名を習得!
  • 「Dinner time!」(夕飯の時間だよ)や「I'm cookiing.」(料理してるよ)など、よく使う表現を極限までシンプルに!

2歳さんに限ったことではありませんが、英語を効率的かつ自然に習得するには、本人に「勉強している」という気持ちがなければないほどうまくいくケースが多いです。

読書やワークの時間を設けて単語を学ぶよりも、普段の遊びの中に英語を盛り込んでしまえば、親御さんは効率的におうち英語ができて、お子さんは楽しく遊べる!まさにwin-winというわけです。

関連記事
おうち英語のメリットは無限!子供は家で英語を学べる

家庭で気軽に英語に触れられるおうち英語。 おうち英語には、メリットが多いことをご存知でしょうか? お金がなくても始められるおうち英語は、乳幼児のうちから英語に慣れ親しみ、土台を作るのに絶大な効果を発揮します。 ...

続きを見る



2歳でおうち英語をする注意点

2歳でおうち英語を始めるのは、明らかにメリットの方が大きいです。

しかし、間違ったやり方を貫いてしまうと、こんな弊害も。

  • 英語が嫌いになってしまう
  • 4技能(聞く・話す・読む・書く)が偏ってしまう
  • 英語だけずば抜けて、基本科目(算数など)が大幅に遅れてしまう
  • セミリンガル(どの言葉も年齢相応に話せない)になってしまう

そうならないために、注意すべきポイントを押さえておきましょう!

 

無理強いは絶対ダメ!

おうち英語の鉄則でもある、子どもに無理強いをしないということ。

無理強いをしてしまうという時点で、それは子どもにとってつらいお勉強になってしまいます。

かけ流しや英語動画も、子どもが興味を示さなければスルーしてOK!

拒否さえしていなければ、そのまま音楽や動画をかけ流しておいてみてください。

「英語が分からない」「何を言っているか分からなくて怖い」など、特別英語を嫌う要因がない限り、家でBGMとして流れている英語にそのうち慣れてくれる日がやって来ます。

ペグ
「英語の動画ちゃんと見て!」と強制してしまうことは、簡単に子どもを英語嫌いにしてしまいますよ

 

話せないのに読み書きに移行しない!

おうち英語は、大人の英語学習と同じで、順番を間違えると一気に効率が悪くなります。

コミュニケーションとしての英語がまだできていないときに、読み書きを極めようとしてしまうと、そのあとリスニングとスピーキングが思うように伸びない…という展開が待っているのです。


わたしたちも、中学校で始まった英語の授業では、単語をノートに書いたり、暗記したりという方法でスタートしたと思います。

先に単語のスペルや発音を机上学習で学んでしまったものだから、その単語を文章にして話そうとしても、自然なニュアンスが出せないのです。

たとえば、I eat an apple.という文章を話したいとき、日本の英語教育下ではまずそれぞれの単語を学びます。

「アイ」「イート」「アン」「アポォ」という感じですね。

それを1つ1つ個別で読んだあと、やっとこ文章で話す練習をします。

おうち英語ママ
でも、「アイ」「イート」「アン」「アポォ」としか習ってないから、全部をつなげて発音できないんだよね…

これが、話せないのに読み書きに移行しないというルールの理由です。

しかしおうち英語では、これとまったく逆の順序で英語を習得することができます!

まず、スペルや正しい発音は全て無視して、ただ「I eat an apple.」という"音"から入っていきましょう。

何度も聞いていれば、そのうち子どもはリピートできるようになってきます。

そして時が経ち、英語を"読む"というフェーズに入ったとき、

「I eat an apple.」ってこう書くんだ~!発音はできるけど知らなかった!と発見することができます。

これが、母国語形式で英語を学ぶ最強のおうち英語です。

 

英語も日本語も伸ばす!

意外と忘れられがちなのが、日本語も伸ばしてあげなければいけないということ。

おうち英語をするとなると、ついつい日本語をおろそかにしてしまいがち。

日本で暮らしていれば自然と日本語は身につくから!と言って、きちんと日本語を学ぶ機会を奪ってしまうと、その子は英語も伸びない子になってしまいます。

あまり知られていないのですが、第2言語が母国語を超えることはないといわれているんです。

英語力をつけたいなら、まず日本語を伸ばすべし!おうち英語の基本マインドです。


英語にばかり気を取られて、日本語をおろそかにしてしまうと、セミリンガル化のおそれが出てきます。

セミリンガルという言葉、聞いたことがありますか?

おうち英語ママ
バイリンガルなら分かるけど、セミリンガルは分からないなぁ

バイリンガルはご存知の通り、2つの言語を使いこなせる人のこと。

そしてセミリンガルとは、「複数の言語を話せるけれど、どの言語も年齢相応のレベルに達していない人」を意味します。

バイリンガルが英語100:日本語100だとしたら、セミリンガルは英語30:日本語30くらいのレベルにしか成長していない…というイメージです。

お気づきかと思いますが、これは日本の早期英語教育の問題点として、昔から懸念されてきたこと。

しかし昨今では、心配いらないとされています

正直に言うと、はじめは日本語と英語がごちゃごちゃになるんです。

むすこ氏
ぼくたちも最初はそうだったよ!

それは全世界のバイリンガルキッズほぼ全員に起きることで、両言語をしっかり習得している証拠でもあるんです。

日本語も英語も同じくらいしっかり学び続けることで、幼少期のうちにどちらも独立した言葉として話せるようになりますよ。

ペグ
うちの子どもたちは、だいたい4~5歳で日本語と英語が混ざることがなくなりました

本語と英語が混ざらないために

  • どちらもおろそかにせず、同じくらい膨大な量のインプットを行うこと
  • 聞く・話すよりも先に読み書きをするなど、順番を間違えないこと
  • 日本語と英語を混ぜた話し方を、親御さんがしないこと

当ブログでご紹介しているおうち英語のやり方は、母国語形式で自然に英語が身につく方法ばかり。

ぜひほかの記事も参考にしてみてくださいね!

おうち英語ガチ勢ママが厳選!子供向け英語アプリまとめ

子どもの英語教育をするのに、英語Youtubeや英語絵本を取り入れているご家庭もありますよね。 では、遊びながら英語が学べるアプリは取り入れていますか? 最近では、英語初心者キッズでも気軽に遊べるものや、親の手助けがいらないゲームなど、アプリの内容も充実してきています。 ...

続きを見る

英語かけ流しでバイリンガルを目指そう!やり方や効果も解説

子どもの英語教育を始めるとき、最初に取り入れやすいのが英語のかけ流し。 英語をBGMのようにかけ流して、自然と英語が耳に入る環境を作ることを目的としています。 英語力の基礎であるリスニング力を鍛えることができるので、乳幼児から始めておきたい英語教育の一環なんです。 ...

続きを見る

【初心者向け】子供に英語で声かけしてみよう!簡単フレーズ集

小学校3年生から英語の授業が始まり、どんどん英語が身近で必要な存在になってきています。 自宅で気軽にできる英語教育として、子供に英語で声かけをするという方法があります。 わが家のおうち英語でもいろいろな方法を試す中で、英語の声かけに大きな効果を感じました。 ...

続きを見る



2歳のおうち英語・わが家の事例

わが家では、上の子が3歳・下の子が1歳のときにおうち英語を始めました。

ペグ
この記事でテーマになっている「2歳」のちょうど前後の年齢だったんです

理由は、上の子(ムスコ)の言葉がゆっくりだったので、日本語がある程度出てくるまで待っていたことが大きかったです。

早生まれで、3歳になってすぐ日本語のびのび幼稚園に入園したムスコ。

そう、必然的に英語に割く時間が少なくなってしまうということです。

それをきっかけに、おうち英語を本格的にスタートしました。

むすこ氏
幼稚園では日本語、おうちに帰ると英語、という生活がはじまったよ

ムスコは生活面での自立はある程度進んでいたものの、言葉や身体能力の発達が遅かったため、2歳で始めたと仮定してもあまり差はないくらいでした。

年齢で言うと遅めだったかもしれませんが、成長には個人差があります。

ペグ
2歳を過ぎたからといって遅すぎるということはありませんし、まずはお子さんの発達を見ながらがベストです!

 

そして、1歳半でおうち英語を始めた下の子(ムスメ)。

上の子が始めると同時に、半強制的に英語環境に放り込まれた彼女ですが(笑)今思えば1歳半で始めたことは成功でした。

ムスメは1歳半でおうち英語を始めたとき、まだ日本語の言葉も出ていませんでした。

3歳で幼稚園入園だったので、1歳半当時は完全自宅保育。そして自宅では完全に英語環境。

ムスメにとっては、日本語よりも英語のほうが最初に出会い、学んだ言葉となりました。

むすめ氏
はじめは日本語のほうがわからなかったけど、幼稚園に入ってメキメキ伸びたよ!

日本語と英語がごちゃごちゃになってしまったり、どちらかが優位になってしまうこともあると思いますが、なんせまだ幼児期。

その言語環境に入ってしまえば、あっという間に言葉を習得してしまいますよ。



まとめ:2歳という最強の年齢を生かしたおうち英語を

魔の2歳児ともいわれ、いろんな意味で親御さんを子育てのジェットコースターに陥れる(笑)最強の2歳さん。

行動も奇想天外で、泣いたり笑ったり忙しくて、いたずらも覚えて、食べ物で遊んで…

手がつけられないほど大変な時期でもありますが、だからこそおうち英語を始めるにもぴったりの年齢なんです。

2歳さんの日常生活や、興味・関心の内容をできるだけ英語に置き換えてみてください。

まだ2歳で、この世に数多くの言語が存在しているということすら知りません。

テレビ番組やYoutubeを英語に切り替えてしまえば、すぐ慣れます。

挨拶や簡単な語りかけを英語にすれば、すぐ英語を使えるようになります。

2歳で始めるおうち英語で、子どもに苦労をさせずメキメキ英語力を伸ばしていきましょう!


ブログランキングに参加しています!
クリックしていただけると、とっても励みになります✨

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ 
育児・バイリンガルランキング
  • この記事を書いた人

ペグ

2人のバイリンガルキッズを育てている、Webライター兼ブロガーです。 英語好きが高じて、自宅をインターナショナルスクールみたいにしちゃおう!というぶっ飛んだ【おうち英語】を始めました。英語が苦手なパパママでも気軽にトライできる、そんなおうち英語情報のリサーチと研究が趣味。気軽にコメント、メッセージいただけると喜びます~♥

-おうち英語ノウハウ
-, ,