おうち英語ノウハウ

おうち英語で失敗したくない!よくある失敗例と成功のポイント

おうち英語は自宅で気軽に取り入れられる英語教育ですが、失敗するのが怖い…と思っていませんか?

たとえば、以下のような失敗例が考えられますよね。

親が張り切りすぎて子どもが英語嫌いになってしまった

幼児期まではうまくいっていたが小学校に入って英語力が落ちていった

何年経っても英語力が上がらない

せっかくおうち英語をするなら、失敗せずに順調に続けていきたいもの。

この記事では、おうち英語で失敗しないためのポイントを解説していきます。

この記事でわかること

  • おうち英語に失敗せず長く続けられるポイント
  • 子どもが英語嫌いにならないおうち英語のやり方
  • 今だけでなく将来的に役立つ英語力がつく方法



おうち英語によくある失敗とその原因

おうち英語をするにあたって、先輩パパママたちがぶつかってきた壁や失敗、その対策について知っておくことはとても大切。

もちろん個人差があるので、誰にでも当てはまることではありません。

しかし、いろいろな選択肢や覚悟を持っておくことで、つまずきにくくなったり、柔軟に軌道修正できる環境を整えることができますよ。

ペグ
おうち英語の先輩たちが経験してきた難関を見ていきましょう!

 

続けているのに英語力が伸びない

お悩み

おうち英語を長く続けているのに、全然英語力がつかない…

こんなお悩みを抱えているご家庭は、おうち英語の取り組みが子どもの英語レベルに合っているか見直してみましょう。

たとえば、乳幼児に時代劇や刑事ドラマを見せて日本語を学ばせようとはしませんよね。

ところが英語になると、まさにそれと同じようなことをしてしまう親御さんが多いのです。

ペグ
明らかに難しすぎる英語動画を見せていたりしませんか?

確かに子どもは、幼い頃からその言語にまみれた環境で育っていれば、その言語を自然に習得できる能力があります。

しかし、英語の土台すら出来上がっていない子どもに対して、レベルの高いコンテンツを使用しても、基礎ができていないのですからその先にも進むこともできません。

ずっと同じ場所で止まってしまうことになり、英語力が着実に伸びるチャンスを無駄にしてしまうことにも…!

子どもの英語力や理解力をよく見て、それに応じたコンテンツや教材をうまく使っていきましょう。

ココをチェック!

  • まだ英語の発話がない子どもにネイティブ向けの動画を見せていませんか?
  • 巷でおすすめされている教材をやみくもに使い続けていませんか?
  • 子どもの興味・関心よりも"レベルの高い英語"を優先していませんか?

 

英語漬けにしているのに話せない

お悩み

家でも英語を使い外でも英語を習っていて、オンライン英会話までやっているのに、全然話せるようにならない…

こんなお悩みを抱えているご家庭は、英語漬けにするという極端な環境を見直してみるとよいかもしれません。

驚くかもしれませんが、実は英語力は母国語力に大きく比例します。

つまり、国語ができない子は英語もできないのです!

母国語である日本語をおろそかにして英語漬けの環境を与え続けてしまうと、セミリンガル(ダブルリミテッド)化のおそれが出てきます。

セミリンガル(ダブルリミテッド)とは?

2つ以上の言語を話せるが、どちらの言語も年齢相応のレベルに達しておらず不完全であること。

英語も母国語も中途半端に学んでしまうことで生じやすい現象です。

日本にいながら極端な英語漬け環境にすることは、このセミリンガル(ダブルリミテッド)の大きな要因になります。

どちらの言語も、年齢相応に話せないレベルで止まってしまうことも考えられるのです。

英語力をつけたいなら、日本語力も同じだけ伸ばすこと。

英語は母国語のレベルを超えることはできないということ。

それを忘れないように、どちらの言語もしっかり学んで「セミリンガル」ではなく「バイリンガル」を目指すようにしたいですね!


子どもが「英語嫌い」に…

お悩み

子どもが英語を拒否するようになり、英語Youtubeも英語アプリも何もやらなくなってしまった…

こんなお悩みを抱えているご家庭は、英語を無理強いしていなかったかどうかを振り返ってみましょう。

教材を一括購入したから、おすすめのDVDがあるからという理由で、子どもの自由時間を犠牲にして英語を学ばせる…という失敗例も多いんです。

振り返ってみよう

  • 子どもの遊びを中断してまでおうち英語をしていませんか?
  • 間違えたとき正しくできるまで無理やり続けていませんか?
  • 「これをやらないとおやつあげないよ」など罰を与えていませんか?

このように英語を無理やりやらせようとする方法は、英語力がつくどころか英語嫌いを助長します。

まったく身につかないか、もしくは身についたとしても、子どもにとって辛い記憶になってしまう可能性もあるのです。

将来的に英語を役立てよう!世界中に友達を作ろう!という、ポジティブな使い方ができなくなってしまうかもしれません。

もし子どもが「英語イヤ!」と言い出してしまったら、まずその理由をゆっくり聞くことから始めましょう。

そのとき「何が嫌なの?どうして嫌なの?」と問い詰めるような聞き方は控えてくださいね。

「どうしたら英語楽しいと思えるかな?」「英語楽しくなるように、ゲームとかしてみる?」などと、前向きな提案をしてみることがポイントです。

ペグ
子どもは「どうして英語をやらなきゃいけないんだろう?」と疑問に思っているケースもあるから、英語に慣れ親しんでほしい理由を説明するのもGOOD★

子どもの英語嫌いを克服するには、親御さんが英語を学び始めるという方法もあります。

ペグ
もし、おうち英語で子どもと一緒に"やり直し英語"をしたいと思っているなら、これを機に学び始めてみるのも良いですよ
関連記事
英語を学び直したい大人のためのサービスまとめ

これからますます必要になっていく、英語力。 しかし、大人が英語を学び直すハードルは、思っている以上に高いですよね。 今から英語をやり直すといっても、何から始めたらいいかわからない ...

続きを見る

関連記事
英語系Youtuberオススメまとめ!大人の英語学習も無料で楽しく

子どもの英語教育や英語育児について発信している当ブログですが、大人向けの英語系Youtubeがあれば、親御さんも楽しく英語を学べますよね。 今の時代、子どもだけが英語を学んでいても、なかなか長続きしないでしょう。 親御さんが一緒に学んだり、英語に対して前向きな姿勢を見せたりするだけで、子どものモチベーションも上がります。 ...

続きを見る

 

途中で挫折してしまった

お悩み

頑張りすぎてしまったのか、親子ともに疲れて、結局挫折してしまった…

こんなお悩みを抱えているご家庭は、もっと気楽にゆっくり続けることを意識してみてください。

おうち英語はスモールステップ。

1日に何時間も英語タイムを確保しなくても、できることをコツコツ続けていくだけで変わってきますよ。

ジャンルは全然違いますが、おうち英語はダイエットと一緒なんです。

毎日少しずつ無理なく、挫折しない程度で続けていれば、数ヶ月後や数年後、やらなかった世界線とはまったく違う景色が見えるでしょう。

挫折しないために…

  • 朝から晩まで"おうち英語尽くし!"はやめよう
  • 食事や運動・他の学習とのバランスを取ろう
  • 数日できなくても大丈夫!また明日からコツコツ頑張ろう
  • 全力投球で挫折するよりゆる~く長期間続けよう

毎日スモールステップで続けていくのにおすすめなのが、トド英語をはじめとする英語アプリ。

関連記事
英語アプリ【トド英語】がスゴい!おすすめ理由と絶大な効果とは

これからの時代、子どもには幼少期から英語に慣れ親しんでほしいですよね。 とはいっても親は教えられないし、習いごとも時間や金銭面でいろんな制限があるでしょう。 気を揉んでいるうちにも子どもはどんどん大きくなっていき、焦りは募るばかり。 ...

おうち英語っ子にピッタリ!アメリカ発祥・幼児英語アプリ。

子どもの理解度に合わせて少しずつ、ステップアップできる仕組みになっています。

ペグ
はじめはアルファベットなどの簡単なものから始められて、レベルが上がるごとに着実に英語力がつきます。毎日続ければ続けるほど、効果が見えてきますよ

 

気付いたら他の科目が苦手になっていた

お悩み

英語にばかり力を入れすぎたのか、他の科目が全然できなくなっていた…

こんなお悩みを抱えているご家庭は、今からでもほかの科目に力を入れるようにしましょう。

おうち英語に気合が入りすぎて、ほかの科目をおろそかにしてしまうことも、意外な落とし穴なんです。

日本にいながら英語力をつけていくことは、これからの時代を生き抜くために必要不可欠。

ですが、英語ができるだけで本当に安心でしょうか?

日本の学校にいると、英語が少しできるだけで優秀だとちやほやされますが、日本国内だけの話です。

海外に行けば英語を話すのは普通のことで、優秀でも秀才でもないのです。

英語に力を入れすぎて、いざ進学・就職・海外進出をしよう!というときに「英語は話せるけど他に何もアピールポイントがない」ということになったら…

まさに、井の中の蛙が大海に出たような気持ちになってしまうでしょう。

英語ばかりやっていて、ほかの科目ができなくなっているというケースは、小学校高学年くらいで徐々に見えてくるのも怖いところ。

幼児期は英語の発話が多かったり、英語優位だったりと、順調そのものであることが多いんです。

しかし、小学校3~4年生で以下の特徴が見えてくると、英語に力を入れすぎた可能性が考えられます。

  • 文章問題が理解できない
  • 「あれ」や「それ」など抽象的な指示が理解できない
  • 何でも1から10まで言わないと理解できない
ペグ
発達障害支援アドバイザーの資格を持つわたしからすると、上記の特性は発達障害児にもみられるものなので、英語のせいだとは言い切れないのも事実です

英語ばかりやってきたことで、肝心な日本語での論理的思考力が身についていなかった…

というケースが、中学や高校受験を控えたころに見えてくることも多いのです。

日本にいるから英語はできるほうかもしれない。

でも日本を一歩出ればその英語力も中途半端なレベルで、ほかの科目は基礎思考力すら危うい…なんてことにも。

これは、先に紹介したセミリンガル(ダブルリミテッド)の1つ。

そうなってしまわないためにも、英語以外の科目もきちんと学ぶ機会をもうけるようにしましょう。

ペグ
小学校の授業や宿題をきちんとこなしていれば、英語が害になることはありませんよ



英語が得意な親と苦手な親、それぞれの失敗ケース

わたしは発信の中で、おうち英語に親御さんの英語力はそれほど関係ないとお伝えしています。

本当に、英語力があってもおうち英語がうまくいくとは限らないんです。

逆に、英語があまり分からない親御さんでも、やり方や相性が合えば子どもの英語力をメキメキ伸ばすことができます。

英語が得意な親にも、苦手な親にも失敗する可能性は同じだけあります。

それぞれが失敗に陥りやすいパターンを見ていきましょう。

 

【英語が得意な親】方法にこだわりがち

英語が得意な親御さんのおうち英語は、ご自身が英語を話せるようになった過程があるがゆえ、子どもの取り組みにご自身の経験を重ねてしまうケースが多いようです。

ペグ
わたしも英語が得意な親の部類に入るので、あくまで自分は自分、子どもは子どもと完全に切り離して考えるようにしています

自分はこれで英語を話せるようになったから子どもにもやらせてみよう

英語学習者としてはこのやり方が絶対に正しい

このように、自身が英語習得に至った方法と同じものが子どもにも効果があると思い、やり方にこだわってしまうケースが多いのです。

英語経験があり、子どもにも英語を教える自信のある親御さんはたくさんいらっしゃると思います。

ぜひご自身と子どもを切り離して、どんな方法がうまくいくかはその子によって違う、という意識を念頭に置いてみてくださいね。

 

【英語が苦手な親】完璧を求めがち

逆に英語が苦手な親御さんのおうち英語は、理想や期待が膨らみ過ぎて、天井知らずになってしまうことが多いよう。

子どもだからすぐペラペラになるはず!

英語動画を適当に流しておけばリスニングは完璧!

自分が英語で苦労をしたから子どもには何としてでもペラペラに!

意気込み過ぎてしまい、ついつい子どもに強制してしまったり、英語にばかりベクトルが向いてしまったりします。

英語が苦手な親御さんほど、お子さんと一緒に「親子英語」として学んでみてはいかがでしょうか?

一緒に英語の取り組みをすることで、どれくらいの配分で英語をやるべきか見えてくるかもしれません。

 

たとえば、四六時中「英語やりなさい」と子どもに言うのは簡単ですが、ご自身も一緒にやるとなれば、

  • なかなか時間が確保しづらいこと
  • 楽しい英語ゲームでも、何時間もぶっ通しはしんどいこと
  • 英語Youtubeは楽しいけどたまには日本語の番組も恋しくなること

こういった気づきがあるかもしれませんよね。

関連記事
英語を学び直したい大人のためのサービスまとめ

これからますます必要になっていく、英語力。 しかし、大人が英語を学び直すハードルは、思っている以上に高いですよね。 今から英語をやり直すといっても、何から始めたらいいかわからない ...

続きを見る

関連記事
英語系Youtuberオススメまとめ!大人の英語学習も無料で楽しく

子どもの英語教育や英語育児について発信している当ブログですが、大人向けの英語系Youtubeがあれば、親御さんも楽しく英語を学べますよね。 今の時代、子どもだけが英語を学んでいても、なかなか長続きしないでしょう。 親御さんが一緒に学んだり、英語に対して前向きな姿勢を見せたりするだけで、子どものモチベーションも上がります。 ...

続きを見る



おうち英語が成功しやすい3つの考え方

実は、おうち英語が成功しやすい考え方というのは、一般的に考えられているのと真逆の思考でもあるんです。

目から鱗かもしれない、その3つの考え方を見ていきましょう。

 

ペラペラになる必要はないと理解する

おうち英語を成功させるには、ペラペラになる必要がないということを理解しておきましょう。

おうち英語が失敗に終わる最大の原因は、親御さんが頑張りすぎてしまうことにあります。

おうち英語ママ
だって、ペラペラになってほしいから…

先にお伝えしたように、英語が大事といってもそれだけではないのです。

英語がペラペラになることだけが目的になってしまうと、実はとても危険。

ポイント

英語がペラペラになることよりも、英語でどんなことが言えるか?論理的に考え、中身のある発言ができるか?のほうが何倍も大事なんです

ペラペラになることにこだわっているご家庭は、少しベクトルをずらして、英語で何を学びどう使っていくかを考えてみませんか?

わが家ではこんなことを取り入れました。

  • 英語で足し算に挑戦(数字は概念が同じなので言葉が違っても学べる)
  • 世界の国旗で神経衰弱遊び(各国の英語名も覚えることができる)
  • 英語でディズニー映画を観て世界観を広げる

英語だけを極めようとせず、英語で世界を広げる意識を持つことで、おうち英語への考え方や取り組み方も変わってくると思います。

ペグ
縦にばかり伸ばそうとせず、横にも広げていくイメージで!
関連記事
おうち英語の成功って何?家庭で本物の英語力をつけよう

自宅で気軽に英語に慣れ親しむことができる、おうち英語。 一体、何ができるようになれば「おうち英語の成功」といえるのでしょうか? そしておうち英語を成功させるために、できることとは何なのでしょうか? ...

続きを見る

 

「頑張る」よりも「慣れる」

おうち英語を成功させるには、頑張ることよりも「慣れる」ことを意識しましょう。

おうち英語は長期戦です。

数日や数ヶ月で英語をマスターできるわけではなく、英語を習得したあとも継続する必要があります。

おうち英語ママ
そうそう、先が長いからそんなにずっと頑張れないんだよね

頑張ろうとしてしまうと、出鼻をくじかれたり挫折したりしてしまいますよね。

でも、英語はただの言葉です。

勉強のように「頑張る」のではなく、英語環境に少しずつ少しずつ「慣れて」いくことのほうが大切。

いきなり難しい英語動画を見る必要はありませんし、海外留学のように突然、英語漬けの毎日が始まるわけでもありません。

アルファベットの歌から始まり、幼児向けのアニメや絵本を取り入れてみたりしながら、お子さんもパパママも少しずつ「わが家では常に英語が流れている」という状態に慣れるだけ。

それだけで、そこからの伸びは飛躍的に違ってきますよ。

日本人の英語への苦手意識は、圧倒的に英語に触れる量が少なすぎることが原因。

この抵抗感を取り除いてあげるだけで、子どもは英語に対して心を開くことができるのです。

毎日毎日、全力で英語を「頑張る」必要はありません。

できることからコツコツ続けて、少しずつ英語という言葉に慣れていきましょう。

関連記事
おうち英語はゆるく長く続けよう!実は一番の成功の秘訣だった

グローバル社会に向けて徐々に広がっている「おうち英語」という英語教育法。 長く続けていきたいおうち英語だからこそ、気張らずゆるくやってみませんか? まだまだこんなイメージのあるおうち英語。 ...

続きを見る

 

何よりも「継続」

おうち英語を成功させるためには、継続することが大切です。

細く長く続けていくことで、確実に英語が子どもの中に染みついていきます。

日本語をシャットアウトしたり、子どもにとって大切な"遊び時間"や"自由時間"を奪ってしまわないようにすることも、長く続けていく秘訣ですよ。

英語は日本語と同じ、ただの言葉。

能力や才能は全く関係ありません。

毎日少しでも英語に触れて、使って、生活に溶け込ませるだけで、子どもはバイリンガルに近づいていきますよ。

毎日少しずつ続けていくために

  • 毎日30分~2時間程度の英語動画タイムを作る
  • 食事やお風呂の時間だけと決めて簡単な英会話をする
  • 子どものやる気がないときはかけ流しだけでも続ける



おうち英語で失敗しないために

おうち英語で失敗しないためには、親御さんのちょっとした心がけが大切。

どんな取り組みを1日何時間やったとか、〇歳で英検を取ったとか、記録や功績ではなく、あくまで日常生活に英語を溶け込ませることを考えながら、ゆるっと続けてみましょう。

 

引き出しをたくさん持っておこう

おうち英語の失敗を防ぐには、引き出しをたくさん持っておきましょう。

おうち英語のやり方に正解はありません。

どんなやり方があるかは個人差で、コレが一番効果ある!コレをやらなきゃ英語習得できない!というものは、本来ないのです。

いろんな方法や教材がありますが、合うか合わないかはやってみないと分からないもの。

おうち英語はつまみ食いでOKなんです。

試してみて、子どもが食いつかなかったら潔く次のアイデアに移りましょう。

その思い切りの良さや柔軟性が、おうち英語を成功に導く秘訣になりますよ。

ペグ
キャラクターが変わるだけで興味を示してくれたり、過去のDVDを見せたら今度は食いついた!というケースもゴロゴロあります

教材の質や内容より、子どもが自ら英語に耳を傾けてくれることのほうが大事です。

ココに気を付けよう!

アレがダメならコレ!コレもダメならあっち!というネタを何十種類も持っておきましょう!

1周したらまた最初のネタに戻ってみると案外食いついてくれたりもします

 

親子で一緒に英語を学ぼう

おうち英語の失敗を防ぐには、親子で一緒に英語を学ぶことが近道です。

ポイント

  • 英語動画は親子で一緒に見て感想を言い合おう
  • 簡単な絵本や読み聞かせCDで一緒に英語読書に慣れ親しもう
  • 「英語話してみて」と子どもに言うのではなく親子で一緒に話してみよう

おうち英語を長く続けられるのは、子どもだけにやらせず親も一緒に学んでいるご家庭。

親は今から学んでも遅いから

親は英語が苦手だから関わりたくない

残念ながら、このような考えのご家庭でおうち英語がうまくいくのは、長くても小学校入学前後まででしょう。

その理由は明確で、子どもにも意思があるからです。

親はやりたくないけれど、子どもにはあれこれ英語教材やコンテンツを用意する…

これが通用するのは幼児期だけです。

小学校に入学すれば、子どもは自分の人生の選択を少しずつ自分でするようになります。

やりたいことや夢中になれることを全力で見つけたい!

そんな成長期の子どもに対し、一方的に英語を学ばせようとすれば、子どもはどんどん懐疑心を抱くようになります。

子どもの気持ち

  • 親が嫌っていること(英語)をなぜ自分だけやらなければいけないのか?
  • 自分ひとりでやっていても何も楽しくない

英語は言葉なので、日常的に使うことで身についていきます。

逆を言えば、子どもが日常的に英語を使えるような環境を、親御さんが用意する必要があるのです。

注意しよう

親はノータッチで子どもにだけ「やりなさい」では、英語を日常化する環境は与えられない!



まとめ:おうち英語は「細く長く続けたもん勝ち」!

おうち英語は過不足なく、その子に合ったやり方で細く長く続けていけば、必ず効果があらわれます。

日本語と同じ「言葉」なので、質よりも触れ続ける量と時間が大事

しかし、英語にばかりベクトルが向きすぎて、日本語や他の科目をおろそかにしてしまうのも危険です。

細く長く、そしていつでも日常に英語が転がっている環境を。

そんな意識で、日々英語と関わってみてくださいね。

  • この記事を書いた人

ペグ

2人のバイリンガルキッズを育てている、Webライター兼ブロガーです。 英語好きが高じて、自宅をインターナショナルスクールみたいにしちゃおう!というぶっ飛んだ【おうち英語】を始めました。英語が苦手なパパママでも気軽にトライできる、そんなおうち英語情報のリサーチと研究が趣味。気軽にコメント、メッセージいただけると喜びます~♥

-おうち英語ノウハウ
-, ,